乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #43「DEAD BODY and OLDMAN 3」感想

るろうに剣心再始動ですか?
以前何かプロジェクトが始まるとか和月先生言ってましたがこれか!


ウンゲホイヤーの話からすると、エルムが死亡した事故はザ・ワンの再創造後の起動実験の失敗によるものだということですね。
そしてザ・ワン……というかジョン=ドゥの中に再創造以前の人格が残ってないわけじゃないみたいですね。
ワーグナーさん死んだとき一瞬だけ両眼に目玉が入って以前のザ・ワンみたいな顔になったんですよね。
……ややこしいな。
最初の人格、暴走時の人格、現在の人格と三種類の人格が存在するわけですからね。
最初の人格と暴走時の人格は残っているかどうか、残っているとしてどれくらい残っているのか現時点では分かりかねますが。
再創造以前の人格が残っているとしたら、それは彼だけの特徴なのか、あるいは彼以外の人造人間にも残っていて、それが表面化しない、あるいは時々に奥に引っ込んで別人格が出てくるというのが創造後に生前そのままにならないということの真相なのか。
エルムの再人間化にも関わってくる要素なので、これは今後語られることでしょう。


「俺は俺の思うがままこのオマケの様な人生を愉しむまで」と言っていたジョン=ドゥですが、子供たちに対しては「間違ってもおまけをもらって喜ぶようなくらだねェ生き方すんじゃねェぞ」などと言っています。
「くらだねェ」は「くだらねェ」の誤植じゃないかって気がしますけどそれは置いておいて、おまけをもらって喜ぶような生き方にジョン=ドゥ自身が当てはまるのかどうかは分かりませんが(そもそも生前の記憶ないし)ウンゲホイヤーは明らかに該当します。
一個では飽き足らずさらに追加のおまけに期待するような生き方は、ジョン=ドゥからすると死ねってことですね。

さてここでエンバーミングは休載。
再開は秋って……長いなあ。
るろうに剣心の再始動の割を食った形になりますね。
シャーマンキング関連で何か始まった結果ウルティモに影響が出ている武井先生もですが、以前の作品の企画(それも一発ものじゃなくて)の影響で現在の作品に支障がでちゃうのはどうなんでしょう?
10年前の和月先生、武井先生は今の和月先生、武井先生と違うわけで、今の和月先生が描いたるろ剣、今の武井先生の描いたマンキンがかつてのるろ剣、マンキンと深刻に食い違うものになりかねないという作品レベルの問題から、旧作の続編ラッシュの業界レベルの問題まで色々と心配です。

FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/995-6303cf82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリークスと『勧悪懲悪』 ~エンバーミング・雑感~

漫画家の中で和月伸宏先生が一番気に行ったこともあって、読み始めたエンバーミング。 エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 1 (ジャンプコミックス)(2008/09/04)和月 伸宏商品詳細を見る 人造人間になった者たちが、立ちふさがる敵を倒しながら各々の目的を目指して旅を続けるというストーリー物。 掲載紙が青年誌と言うこともあってか...

  • 2013/09/21(土) 23:40:39 |
  • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。