乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #42「DEAD BODY and OLDMAN 2」感想

今回の記事で、るろうに剣心の左之助の名前を出しましたが、漢字表記が思い出せずにネットの力に頼りました。
年取ったなあ……



月刊誌で1話丸々バトル!
それでいて、決着がつきそうな様子微塵もなし!
……和月先生はやっぱり週刊出身だよなあ。
ウンゲホイヤーは元ポーラールートの戦士で、少なくともDr.リヒターが頭角を現すより前に戦死した模様。
相当OLDなMANですね。
生前のウンゲホイヤ―を知る人物がいない以上、このウンゲホイヤーが創造の際にどこが壊れた(豹変した)かは永遠の謎ですね。
しかし「戦士ウンゲホイヤー」とか書かれると武装錬金の戦団の戦士っぽいですよね。
少なくとも戦い方は生前とはまるで違うようですが、特化型の肉体を持っているならそれを使いこなしてナンボっていう思想なら生前とは変わりなさそうではあります。
正統派と思いきやかなりキワモノっぽい戦い方をするウンゲホイヤーですが、機能特化型はどうしてもそうなるんでしょうね。
その中でもまだ普通っぽく見えなくもない3体が主人公側として配置されているのかもしれません。
だが実際戦って強いとは限らない、むしろ今回、ジョンはやや劣勢と見るべきか。

カールとカトレアは弥彦と燕的な臭いがしますね。
しかし親どころか剣心もいません。ジョンはどっちかというと左之助系ですが掲載誌とこの漫画のカラーに沿ってるから彼ほど兄貴然とはしてくれない。
ワーグナーさん超頑張れ。多分表題のOLDMANは彼のことだ。



FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/986-dfa33dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。