乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊サンデー48号特別ふろく「不死鳥戦士イロハカルタ」感想

サンデー48号付録の水蓮寺ルカが描いた(という設定の)同人誌ですね。
なんかタイトルの自体がエヴァっぽい。他にモチーフがあるのかもしれませんが。


以前サンデーに載ってた3ページは冒頭そのままだったみたいです。
あの時はそのまま会話劇が続くのかと思いましたが、ちょっとだけ劇的になっていきます。

しかし畑先生の漫画にはよく通り魔みたいな犯罪者が出てきますよね。
ハヤテの1話といい読切といい神様にロケットパンチといい……
とりあえずカルタはよく言えばストレート、悪く言えば文一歩手前レベルのバカです。
でも多分、こういう人でなければ不死身の力は身につかないんだと思うのです。
というかそうしないと面白くないのです。
たとえばせっちゃんとかに不死身の力をつけても直感をそのまま信じて不死身の力を身につけたと確信はしないでしょうし友達にも言わないでしょう。
人が見ていないところでこっそり危ないことして(自分の手をガスコンロの火に晒してみるとか)実験して痛いとか痛くないとかを繰り返して痛いからこれはやめてとか日和って……いや、これはこれでおもしろそうではありますが。
せっちゃんは前半、カルタが変なこと言ってるうちはツッコミが凶悪なのですが、後半次第にパワーダウンというかトーンダウンして行くんですね。
事態が平常から離れていけばいくほど何もできなくなっていく。
カルタの言う通り、与えられた力に意味があるのなら、それが他の誰でもなくカルタに与えられた事にも意味はあるんでしょう。



FC2 Blog Ranking

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/976-efcb5c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。