乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #40「DEAD BODY and DYSTOPIA 5」感想

今エンバーミングってストーリーをどれくらい消化しているんでしょうか?
レイスがもう死んでいるから序盤ってことはないでしょうが……まさかポーラールートが最終局面?




昔のアシュヒトですが、余裕ないなあ。
というか、学校にいる時とエルムの前ではアシュヒトの性格が違う。
エルムの前にいる時は以前とそう変わってないように見えますが……今のアシュヒトは表面こそ冷淡ですが中身は学校時代よりも余裕ないんだろうなあ。

スカベンジャーの本体は複体の一つの中に。
というか複体はスカベンジャー本来の機能じゃなくて死体卿が作ったものか。
意外なほど簡単にスカベンジャーの籠絡完了。
この一行とヒューリーが遭遇した時どうなるかが問題ですが。
「元になる何か」が何なのかはアシュヒトは結局Dr,リヒターには聞けずじまいだったんでしょうか。
いや、エルムが人造人間になった以上は聞かないわけがない。
アシュヒトがポーラールートから発った時は、ポーラールートは(少なくとも表面上は)荒れてもいなかったようなので、聞く余裕は絶対にあったはず。
その結果はなんでしょう。アシュヒトの人造人間の再人間化に肯定的か、否定的か。
アシュヒトがリヒターに再人間化を目論んでいると言ったかどうかも気になりますが……リヒターはどっちにしろ「私の創造は何一つ揺らぎはしない」ので強く反対することはないでしょうね。

次はウンゲホイヤ―vsジョン=ドゥか。
こっちはガチの戦闘になりそう。ジョン=ドゥが初めて苦戦するかも。




FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/972-63b98a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。