乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新テニスの王子様「Golden age 62 攻略」「Golden age 63 佰八式波動球」「Golden age 64 さらば強き中学生」感想


ペアプリとかまで手を出そうとは思わないのですが……SQ11月号の広告には吹いた。
「その痴漢消えるよ」って!





○金太郎vs袴田
消失の原理は地面でスピンし、その土煙に向かって跳ね上がるという新テニプリの技としては非常に地味な技。
芝のコートじゃ使えなかったりしないんでしょうか。
とりあえず、遠山クラスの身体能力があれば目が慣れれば避けられる模様。
……避けても相手のポイントですけどね。
金太郎の対処法その1:息を吹きかけて土煙を飛ばす。一瞬だけ土煙は飛びましたが再び発生する土煙で再度見えなくなりました。
金太郎の対処法その2:コート中を高速移動して動き回り、ボールがどこに跳ねてもラケットで捉えられるようにする。
しかし、例によって金太郎の動きが残像らしさがなく分身に見える……見開き使って16人とか菊丸もビックリのレベルです。菊丸は最大3人ですが、試合開始から終了までずっと分身していられるので持続力では菊丸の方がずっと上ですが。
「ワイの好きな言葉教えたる!! やられたらやり返せじゃああ!!」
「やれ恐ろしい事じゃ!!」
うん、散々ボールぶつけた奴にそんなこと言われたら恐ろしいですよね。

○河村・樺地vs伊達・伴
河村が全身出血・樺地も流血しております。
対する高校生は伴が痣を作っている程度です。
負傷の度合いを見れば高校生優位ですが、河村の二拾五式波動球を伴が受けて(=打ち返せていない)のでマッチポイントになったということは、実はスコアでは中学生有利です。
伊達にボールを触らせずに伴を集中狙いするという作戦はうまくいっているようですね。
スコア的に有利にも関わらず河村は佰八式波動球を敢行。
……まあ、ここで勝ち切れずに伊達の男児シリーズを受けたら河村はノックアウトされかねない状態ですしね。
しかし佰八式はコート脇の照明に激突し、照明が高校生ペアの上に落ちてくる、しかしそれを河村、樺地が支えるという超展開です。
ちなみに軌道的にバウンドしてから照明に当たっているようなので、これでスコア的に河村・樺地組の勝利です。
伊達がバッジを置いておくことに不思議がる理由は……あるか。負けたらバッジやるって宣告したのはあくと兄さんだけですもんね。
そういえばいつの間にタカさんは佰八式波動球というか波動球に師範みたいに○○式とつけるようになったんだろう……崖の上でかなやっぱり。

○入江vs秋庭
「お前は安い芝居で試合を劇的に演出しようとしすぎる もう止めておけ――」
という前回の秋庭の台詞の直後から
「誰の演技にケチつけてんだよ」
入江がマジギレしました。しかも先程の秋庭の台詞とともに放たれた打球も決まってなく返されるとか。ちょっとアレ返すには金太郎級の身体能力でもない限り無理だろ……
そして倒れ伏す秋庭から勝手にバッジを取っていく入江……酷いのか、それとも勝てばバッジを貰えるというのは恒例のルールなのか。

○幸村vs不破
「相手の五感を奪うテニスか…危険だな」
ええまあ、危険ですよねそれは。
「自分の技の痛みを味わったことでお前は二度と五感を奪うテニスはできない!!」
「俺達に無謀に挑んだ代償は大きかったな」
確かにこれは大きな代償です。事実なら。
……そう、これは夢オチでした。
「夢の続きはゆっくり見るといいよ………1人でね」
という幸村の台詞を見る限り、幸村が何かした結果不破はコートで夢を見続ける結果となったわけですが、本当に何やったんですか神の子。
この人も五感奪取以上の技を身につけてしまったのかもしれません。

○試合の勝者が戻ってくる
戻ってきたのは8人。入江と金太郎だけまだ戻ってきていません。
……乾も戻ってきてますが、乾の試合シーン全然ないの? それも不憫だなあ。




FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/970-b5b96b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。