乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新テニスの王子様「Golden age 59 高過ぎる壁」「Golden age 60 約束」「Golden age 61 革命軍団の咆哮」感想

新テニプリがアニメ化とな?
テレビは当分買う気はなかったですが、ちょっと気持ちがぐらつきますね。
……そもそも、現在地の民放を全く把握していないので映るかどうかも分からないのですが。


No11~20が残留組相手に試合という名の虐殺を行っていることはNo.10以上も承知というか公認の恒例行事のようなものらしいです。
しかし、今回はまだどこも試合は終わっていない様子。
今回、一切描かれていないのが幸村と入江。
一方的にやられっぱなしなのが金太郎と樺地&河村ペア。
柳がデータを捨てて、最終的にはリタイアして選手が再度交代。今度は乾が挑みます。

桃城&忍足(謙)は桃城がヒラゼンの狙撃をブラックジャックナイフで弾き返しました。
ようやく中学生の反撃が来ましたが、メインは大石&仁王。
仁王が双子(のいずれか)に変身し、双子と三人でシンクロすることにより、仁王が双子の思考と動きを把握。
さらにそれを大石が……何故把握できる。大石の領域の成果かな?
とにかく、仁王経由で双子の動きが筒抜けになったところを攻めるという、ホントによく大石がこんなことを思いついたなというかよく許斐先生はこんなことを思いついたなという策が発動。
変身できる仁王を同調中の相手ペアの一方に変身させることによって同調に割り込むとか、バトル漫画か何かの発想ですよ。
今後は同調に割り込まれないようにセキュリティとかつくのかもしれません。


FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/964-5c48ab53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。