乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 漫画感想(2011年35・36号まで) 

今回は、
・ONE PIECE
・バクマン。
・めだかボックス
・BLEACH
この4つです。
針須川とST&RSは時間があれば感想書きたいけど今後もそこまで時間とれなそうな感じです。



○ワンピース
しらほし様?
それはちょっと違うというか目的と結果を履き違えてはいないですか。
ホーディが犯人だと知らしめてなお憎まないようにする、というのがお母様の願いじゃないのかなあ。
誰かが憎むから真相を隠しても駄目でしょうよ。
特に今回、ホーディが憎まれない代わりに人間が憎まれていたかもしれませんし(あまり目立っていませんが、王妃殺した人間を憎んでない人がいないわけない)
ホーディの囮にも簡単に引っかかっちゃうしいいとこなし……そっちはルフィ達を仕込んでおいたので事なきを得ましたが。
しかしルフィのヒーロー論には笑った。言い分は分かりますが言い方が単純すぎる。
肉の例えを自分で出したりとかルフィはテンプレ馬鹿主人公とは一線を画したところがあり、そういう主人公だからワンピースは何年も続く漫画になってるんでしょう。
ルフィクローンのつもりでクローンにもなれずにジャンプに現れては10週20週で消えていく主人公、結構いますもんね。

○バクマン
七峰再び。
今度は自ら描くことも取捨選択すらやめて泣かず飛ばずの漫画家に作画、ストーリーは読者の合議制か。
漫画喫茶で読者審査とアイデア集め、プロ手前の人にそれをネームに作り上げてベテランに描かせる。
ただこの描かれ方からするとどっかでまた破綻しそうですよね。
破綻の糸口はどこにでもあるわけで、それを予測するのが難しい。
新妻先生の話からすると「使い捨て」が死亡フラグかな。

○めだかボックス
鰐塚さんが色んな意味で酷い事に!
デレてヘタれて下衆と化して気合入れ直して……速いなあ。
阿久根の方も今一つ埋没していたキャラを見せて来ました。
戦挙編でいいところなかったしなあ。さらにここでようやく優勝する気になってきた。
一度諦めたことに平然と取り組むのも嫌われ投票での発言へのもう一つの回答でもあると。
話がうまくまとまってきました。オリエンテーリングももうすぐ終わりそうですし、これは阿久根の勝ちで決まりですかね。

○ブリーチ
銀城、月城の二人が黒幕か。
結構怖かったな……一護の一般ピープル臭も相まって。
親父が来た時の一護の表情も凄かったな……読者側としてもいまいち信用できない感があったので。
蓋を開けたら十三隊と組んでて思いっきり味方でしたが。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/959-61908e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。