乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 漫画感想(2011年29号まで) 

最近まとめてやってると結構時間かかってます……失敗かもこの方法。

今回は、
・ONE PIECE(~29号)
・バクマン(~29号)
・magico(~29号)
・黒子のバスケ(~29号)
・めだかボックス(~28号)

この5つです。

○ワンピース
ホーディのやることはおおむね予想通り。
ゾロ達は捕まってますが、むしろそのぐらいのハンデがないと麦わら側の楽勝になっちゃいますからね。
それどころかジンベエが意外と(←失礼)強いので、ジンベエと王子達だけでも何とかなっちゃいそうな気さえします。
……そのせいで対ホーディの最善が見通せない感じですね。
ルフィやサンジの性格的に無理に近いですが、麦わらは捕まっているメンバーの救出とデッケン対策に専念するのもありと言えばありな気もします。

○バクマン
新妻先生がゴーイングマイウェーでCROW連載終了に向けてスパート中。
他の連載作家も各自力入れてますが、CROW新妻先生の本来の動きで盛り上げているわけで、これに唐突にとってつけた新キャラ等で逆転できると考える方がまずい。
特にGIRI。爺さんだけならともかく他にもキャラが沢山出てるから盛り上がりのポイントがつかみにくそうなんですよね。
PCPはその辺はΣ一本に絞っているのでまだマシか。

○マジコ
プラリネの祝福。
使い手の死を伴わずとも受け渡せるなら余裕のあるうちにリリィに渡して治してもらえばいいのでは?
(受け継いだら手放してもダメなのかもしれませんが)
そして永遠の富とか言うけどどう考えてもその自作自演は魔力が足りなくなります。
どう考えても映像魔法特許の人の足元にも及ばないよ。
いろいろとツッコミどころ多数あるわけですが、あの町の人達自体が利益追求とかが悪い人含めて全体的に下手ってことで納得しておきましょう。

○黒子のバスケ
バニシング、イグナイト廻と黒子の切り札が次々破れていくわけですが……
ミスディレクションの効果が落ちていると当然バニシングドライブの無敵性にも陰りが出る(時間帯的にミスディレクションの効力は落ちているはず)し、イグナイト廻は完全に周りが見えてないところで使ってます。
黒子の技は基本的に相手の意識次第、味方の状況次第で威力がいくらでも変わる上に、それ単体では得点できないので、何も考えずに使ったりむやみに連発してはいけないものです。
特に消えるドライブは「黒子がドリブルする」ことを相手が疑っている場合にこそ有効な技のはず。
そういう意味では黒子って他5人のキセキの世代とは対照的なんですよね。特に青峰、黄瀬は活躍の場所を選ばないあたりと対照的。
なので黒子が頭に血が上ってては本来通用する技だって通用しない。
……その黒子が抜けたことで火神が覚醒。青峰と互角にやりあってます。
ただし、チームメイトは悲しいことになってますが。
とはいえ、それも長くは続かない。
特に誠凜はチームプレイ云々も実は最大のネックだった火神が一皮むけたことで好影響があるはずなので……それでも今のところは総合的にやっと互角くらいかな。

○めだかボックス
阿久根さんがナチュラルに善吉を意識の中からはじき出している……
勝たせようとしても勝たせられないだろうから問題外なんでしょうけどね。
球磨川、喜界島両名に対する考えも酷過ぎるなあ。
ちなみに豚は、一度安定した状況に慣れてしまうと、それよりもっといい状況に移れるチャンスが来ても今の状況に安住してしまうらしいですよ。
そういう意味では『無欲な豚』は実に正しいかと……仲間割れのための台詞をまともに検証するのもなんですが。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/945-6b69b3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。