乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #36「DEAD BODY and DYSTOPIA 1」感想

一か月ぶりなのに随分久しぶりな気がするエンバーミング。
……色々あったからなあ、この間。
5巻が出てますが単行本の記事は4巻も書いてないんだよなあ……

エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 5 (ジャンプコミックス)エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 5 (ジャンプコミックス)
(2011/05/02)
和月 伸宏

商品詳細を見る




ピーベリーとジョン=ドゥにもう一回ぐらい悲劇が待ってそうです。
ジョンの自我が最悪のタイミングで戻ったりするんじゃないでしょうか。

ポーラールート編は、印付きのピーベリーと人造人間殺す!なヒューリーが人造人間最高!なポーラールートでどう立ち回るのか期待半分不安半分でしたが……
崩壊してたよポーラールート。

そのきっかけは、まずはグロース。
人造人間の創造に不老不死と永遠の命の法を求める。
ポーラールートの人間が絶対に考えそうにないことに思えるのですが。
グロースは創造には素人のようだし、自分の命が危ないともなれば理念も常識も捨て去られても仕方のないものかもしれませんが。

そしてリヒターの究極体の叛乱。
叛乱を起こした究極体は一部か全てか。
叛乱はリヒターの意思か究極体自身の意思か。
リヒターの意図外で、かつ人造人間の意識も関係なく動いていないなら叛乱とは呼ばないわけですが、そのあたりはワーグナーが知ってるかどうかなんですよね。
真相まで知ってもおかしくないし、全く分からなくてもおかしくないポジションです。

そして今現在、タイガーリリィが既に来て「全てはこちらの手の内」とか言ってますがこの荒れたポーラールートの全てって何だ!


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/943-9bde8460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。