乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新テニスの王子様「Golden age 50 VS海外遠征組」「Golden age 51 世界を知った者達」「Golden age 52 革命始動」感想

今月は3話掲載。
2話より多い掲載はもはやデフォルト……というほど多くはないですね。
掲載話数がメチャクチャ不安定です。
許斐先生と集英社の契約はどうなってるんでしょう。



高校生の海外遠征組は……おっさん多いなあ。
中学生も真田とか手塚とか異様に老けていますが、それとは別のベクトルで歳を取ってます。
まさに「おっさん」という形容詞が似合うのが5人くらいはいますね。
デューク渡邊とか平等院鳳凰にいたっては、「お前裏コーチの飲み友達だろ」とか言いたくなる感じ。
この人たちが帰ってきて早々試合をすることになっていて、そのメンバーがシャッフルマッチの結果に基づいて決まったわけですが……ほとんどが高校生。
赤也曰く「俺達の方が勝率よかった」らしいですが、まあ確かに跡部が本来1番コートの入江といい勝負ができるんですから、少なくとも越前、真田、幸村あたりは選出されていないとおかしいですね。いや幸村は中学生で唯一選出されていたわけですが。
まずは20人のうち、下位の10人が各所で試合を始めるわけですが……居残り組がボコボコにされています。
総入れ替え戦で5番コートに落とされた旧3番コートの面々が主な噛ませ犬です。

テニスロボット、オカマとその相方(四天宝寺の金色&一氏のことではない)、九州二翼同調ペアが血まみれになってます。いや同調ペアは相手のスタイルのせいか物理的な負傷はほとんどしていませんが(だが気絶している)。
そんな感じで波に乗っている海外組の前に、元負け組が立ちはだかります……これは公式な行為なのか勝手にやってることなのか判断に迷うところがありますね。
明確に海外組と対峙している負け組は樺地&河村、大石&仁王、忍足(謙)、柳、金太郎の7人。忍足のところはダブルスなので、もう一人来るかと思われます。
入江も圧倒的に負けている感じですが、この人は他と違って負傷してないんですよね。
まだ「なーんてね」とかいう余地はありそうです。
幸村の方は、相手がハンデとして目隠ししてプレーを始めます。
「我々と戦うことで失う代償は計り知れんからな」ということらしいです……まあ強い人と戦うと怪我したり気絶したり古傷が開いたり五感を失ったりしますからね。
しかしこのNo11.不破鉄人、相手が悪い。
試合の最中に幸村に挑発され、目隠しを取るもその時にはすでに視覚が機能しなくなっているとか……
計り知れない代償を支払うのは不破の方になりそうです。



FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/941-60268caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。