乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 漫画感想(2011年26号まで) 

先週休まなければもうすぐ追いつきそうだったんですが……ゆっくりやります。

今回は、
・ONE PIECE(23~26号)
・magico(25~26号)
・BLEACH(25号)
・めだかボックス(24号~26号)
・黒子のバスケ(22号~25号)


この5つです。


○ワンピース
今度はオトヒメの話。
どうにも現実離れした主義の持ち主です。
現実離れしたと思えてしまうのは、今まで描かれた天竜人(全体としても個人としても)が到底分かりあえそうな感じがしないのと、その天竜人を説得したシーンが一切描かれていないからでしょうか。
回想で殺され、現代には出てこないキャラ故のチートと考えればいいか。
殺したのは人間の海賊。バックボーンは一切不明。
本人というよりバックにいそうですが、人間か魚人や人魚なのか
既出のキャラだとしたらホーディが撃たせておいて殺した可能性が高いかな。
ホーディはアーロンを越える程の人間嫌い、とは言いますが、実はアーロンと違って魚人差別と真っ向からぶつかってないんですよね。
世界会議への参加は200年も前に認められてるし、魚人島もホーディが物心つく前に白ひげの傘下に入っているはず。
ホーディが食った魚人族の恨みと怒りは本物か?

○ブリーチ
何かチャドも何かのついでのように斬られてる……
これは一護の仲間が全員斬られる日も遠くないな。
……どこまでが『一護の仲間』なのかはいまだによく分かりませんが。
完現術編開始からの人は仲間じゃない、死神も仲間じゃないとするならもう一護自身以外はコンプリート済ってことになりますが。

○マジコ
儀式屋街。
半蟲半人、下半身が壺の中の儀式屋。
結構面白い話になりそうなようですが、膨らみませんね。
というか魔眼の持ち主って……シオンよりよっぽどすごくないかこの人。
このジーさん押さえるのがシオンに勝つのに一番有効な策のような気もしますが……ゾディアやガーネットはやらんだろうし、半端ものにはそもそもできないか。
やはりラブ押しで見るべきか……ラブレターとか「どんどん好きになってます」とか!
……それも最後のコマのテロップに不安に襲われてしまうわけですが。

○めだかボックス
トレジャーハンティング。
めだかが主催者なので誰が勝つか分からない……のですが、阿久根になりそうですね。
候補生の中では鰐塚処理が目立つのですが、この候補生たちのキャラがいまいちつかめないなあ。
球磨川を襲撃したと思えば土下座したり……一人ひとりに絞ってみても、意味ありげに(いや意味は分かるんだけど)ニィィとして裏をあからさまに見せたと思えば眼帯がキャラづけだったりするし。
どこまでマジな人なんだろう。

○黒子のバスケ
桐皇との再戦は、火神がレベルアップぶりを発揮して、日向が3Pを入れまくっても、やっと互角。
いや、3Pが両者止まらないなら互角にしかならないのですが。
相手が強ければシュートの精度が上がるとか、この漫画のシューターは常に入る奴と逆境に強い奴しかいないのか!
……そうでない奴は単なる端役にしかなれないだけか。
そして、桜井うざい。いつもの顔はむしろ可愛いといってもいいくらいなのに何なんですかあの「もんっ」言ってる時の表情は。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/940-463a79ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。