乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #34「DEAD BODY and MEMORIES 5」感想

後2話くらいはDEAD BODY and MEMORIES続きそうです。
そうなると過去話で全体の2割になるな……

エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 4 (ジャンプコミックス)エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- 4 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
和月 伸宏

商品詳細を見る



ジョン=ドゥの正体はヴィクター=フランケンシュタイン?
グロースはこれを危険とみなし破壊。
リヒターはこれを研究したい模様。
ただ、グロースの論の根底にはフランケンシュタイン博士への崇拝とそれに敵対した人造人間への憎悪が少なからずある上、ジョン暴走の引き金を引いたのがグロースの強硬な態度であり、リヒターはその後ピーベリーの元へ向かったことを考えると、どちらがより狂っているというわけでもありません。
暴走後ならともかく、それ以前のジョン=ドゥが危険だったわけでもないですし。
どこぞのヴィクター化した戦士のように褐色化するジョン=ドゥは戦闘力においても圧倒的。
ポーラールートに配備されている戦闘用の人造人間は相手にもならず。
機能特化型を放つも、エグゾスケルトンはやはりこの時も動かず。
リッパー=ホッパーは逃亡というかジョン=ドゥに目もくれずどっか行きました……フリーダムな奴。
スカベンジャーはちゃんと戦うものの、力の差は歴然。
4もこの分ではかないそうにない。
さて。
このジョン=ドゥが元々人造人間だったとしたら、何故ポーラールート製機能特化型の一体に数えられているのか。
事実を隠蔽してそうなっているのか。あるいはこれを回収して改修したのか。


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/920-a789ef5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。