乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ12号(2011) 漫画感想

今週の感想は。

・(新連載)メルヘン王子グリム
・ONE PIECE
・家庭教師ヒットマンREBORN!
・めだかボックス
・黒子のバスケ


の5本です。



○メルヘン王子グリム
「僕と契約してメルヘン人になってよ!」
最近の日常に変なのが出てくる系は自分の都合でやってきて自分の都合を押し通す系統が主流なんでしょうか……いや、ドラえもんですら実のところ送り込んだセワシの都合でしたし、それはおかしくないんだけど。
王子も今のところ、イソッペがメルヘンを使わざるを得ない事態を意図して仕組むほど知能犯でもないので、藤子ワールド系の亜種として、ことあるごととに王子がイソッペを煽る展開になるのでしょう。
だとすると、「ことあるごとに」の部分がキモですね。
王子もさほど尖ったキャラはしていない(テンテンくんとか太臓に近いタイプかな)のでいかに面白い状況を作れるかにこの作品の面白さがかかっていると思います。

○ワンピース
人間砲弾の目的は侵入の手引きか。
これ、人間の海賊たちは手引きなんかせずにとっとと逃亡すればいいんじゃないの?
……地の利は向こうにあり、ネプチューン軍も人魚なので不可抗力とはいえ侵入者の人間に寛大であるかどうかは非常に疑問ですね。
まして魚人という異種族にあんな目に合わせられた後では異種族の寛大さに期待するのはちょっと無理があるか。
どうやっても生存率は低そうです。
しかしホーディはともかく、バンダー・デッケンにとっては不本意な結果になっています。
なにせしらほし姫は現在そもそも城にいないという状況です。
ただし今から投げられればメガロに直撃します。
誰も彼も状況を把握できていない。把握できている読者にとってもそれぞれにとっての最善が全く見えてこない。こういう状況は楽しいですね。

○リボーン
あれ?
今回の段階ではむしろDがハメられてる?
あるいはDの計略はむしろここからで、結局シモンはこの戦いで死ぬ羽目になるのか。
……もしシモンが助かっていたとしたら、その後ボンゴレが9回も代替わりする間に全くそのことに気づかなかったDの株が大変なことになりますが。
しかしジョットは代替わりする前からⅠ世って周りの人には言われてるんですね。
それも変な話です。

○めだかボックス
雲仙家も大変ですね。結局冥加・冥利しか生き残ってないのか。
大事件や事故にでも巻き込まれたのか。
戦挙の方は……知られざる英雄を失くした日之影先輩が生徒の応援を受けて感極まってここで分かりあうまで試合続行することをやめて決着つけちゃいました。
……まあ、それはそれでありか。
一つの試合で何もかもわかりあえる相手ばかりじゃないし。特に蛾々丸は理解し合うのが難しそうです。
時として、何かを理解することもダメージになりますからね。

○黒子のバスケ
何だかイマイチ今回の回想には乗れないな。特に1ページ目。
木吉の出番が遅れてきたからか。
木吉=ボケ、日向=ツッコミのやりとりが定着し過ぎたからか。
黒子、火神視点では二人とも何だかんだ言って先輩してるからなのか。
とにかく、日向の3Pが入ると勢いが違う。
中ばかり警戒して固まられるとパスも通しにくくなりますしね。
しかしドリブルしてるところを後ろからとか、パスを出した本人にボール戻すとか、黒子が相変わらずいい仕事し過ぎです。
霧崎もそろそろ終わりか。7番の死んだ魚のような目とか気になっていましたけど、単なるキャラづけだったかな。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/918-88495af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。