乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ9号(2011) 漫画感想

今週の感想は。

・ONE PIECE
・バクマン。
・enigma
・めだかボックス
・黒子のバスケ

の5本です。

○ワンピース
状況が麦わらたちにとって悪くなってます。
ネプチューンにまでこの嫌疑が伝わってるっぽいので次回に麦わらたちが指定手配されてもおかしくない。
ルフィ達が大人しく捕まるとも思えませんが、その抵抗の結果として予言の大惨事が起こる可能性は低くないですね。
火事場泥棒になりそうな新魚人海賊団、既に略奪行為を働いているカリブーもいますし……こいつらはともかく、ネプチューン軍や市民の攻撃を受ける羽目にならないといいですが。

○バクマン
いやネットにアップされるなんて予想できるでしょう。
ましてこの人若いんですし。
……こういうハキハキ振る舞う人に慣れてないんだろうなあ。
しかし七峰の作戦は現実なら失敗しそう。
漫画を分かってる50人とジャンプの購買層が一致するとは限らない。
というか、彼らの意見を参考にしたら「分かってる人」には評価されない作品になりかねない。その辺はバランス取れるつもりなんでしょうけど。
それと漫画の中でうまくいくかはまた別の話。

○エニグマ
水沢アルはステップで出番終わり。
以前のパスワードはトモ、ひいな、会長とそれぞれ一人(3つめはクリスも関わってるが)の才能でクリアしていましたが、今回はアルの才能では全然届かず。
第2はともかく、第3は何かしらクリアするのに才能の一つも欲しくなってきます。
三次減算や第三の手があればクリアできる課題ではありますが……
一方のアルは、実はぬいぐるみに憑依するに近い形なんじゃないでしょうか。
本体はラストページのように今だ病院のベッドにいるのかもしれません。

○めだかボックス
蝶ヶ崎蛾々丸、変貌。
……いや、別に変貌させることないんじゃないかな。
ちなみに蝶ヶ崎を理性的だと言ってるのはあの球磨川なので読者のみなさんは本気にしないように。
蝶ヶ崎自身は理性的だと思ってるのかもしれないけど、彼、ちょっとしたことでキレて暴力に及ぶじゃないですか。
不知火がマイナスに加入した時のこととか。
なので挑発には簡単に乗ってしまうのです。自分では無駄だとか言ってたけど、これは嘘というよりは自己評価が間違っているというべきか。
だがこういう風に凶暴化するのはせめて一時的な暴走モード扱いにしてにしてほしかったなあ。
キャラに見せ場がないうちから変貌させるな。
そういう意味では日之影先輩キャラ崩壊したか……何だかんだ言ってまだ高校生だからこういう風に折れてもおかしくはないんですけどね。
その先輩を不知火の『正喰者(リアルイーター)』が表舞台に引きずり出してしまうわけですが……いいのかなあ、これ。

○黒子のバスケ
まばたき……その一瞬目に映らなかっただけで人間が消えたと思わせるほど大きく動けるわけないでしょう。
霧崎程度の相手ではタネすら掴ませてもらえなさそうです。
一方で、霧崎の動きにはなお不穏。
巣だのハメるだの……少なくとも真っ当なことではないんでしょうが、黒子の怒りが一回ドライブで抜いた程度で済ませられるものではなさそうなので……黒子を本気で怒らせるとどうなるのかが楽しみ、というのはちょっと不健全か。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/912-3893f58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。