乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #33「DEAD BODY and MEMORIES 4」感想

また明日には新しいSQ出る日の感想だよ。

今度こそジョン=ドゥが人造人間になってしまいそう。
最初の実験体騒動、創造祭の日とまずいフラグが立ちそうになっても回避し続けてきましたが、ポーラールートという場の力だけではなく後の死体卿ことトート=シャッテンによる狙い撃ちが決定打か。
それとジョン=ドゥ自体の体も普通の人間ではないようで……これは創造祭の日に早まったらそこで終わってたのかもしれません。
そして。
ジョン=ドゥはこの状態からでも普通に生き返ることは可能なようにも思えます。
そこをポーラールートの誰かが強行しちゃうのかな。
その後のピーベリーの境遇もしくは決断もどうなることやら。
この話のピーベリー(特に「結婚します」のところ)がきれい過ぎるだけに……まあ、これから起こることは恐らくやさぐれるには十分すぎる出来事ではあるはずですが。


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/911-30c37d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。