乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第305話「喫茶店とかでネーム描いてると婚活してる人によく会います」感想

ほうほう。
畑先生は喫茶店とかでネームを描いたりしているのか。

20歳。22歳。そして28歳。
この三人の接点って何。
いや二人は白皇の教師だけど、サキさんとの接点が分からん。
三千院経由での知り合ったんですかね。

しかし、この漫画の舞台である2005年は今ほど景気は悪くなかったはず。
婚活ブームもまだだぜ。時々2008年の原油価格だったりとかところどころリアル時期ネタやってくるからなあこの漫画。
作品内では半年しか時間経ってないけど何故か暦は5年経っているという新しい形式でしょうか。
漫画によくあるぐるぐる形式がありなんだからこれだって多分ありなはず。
それはともかく。
牧村先生の話は生々しいですが、そのままストレートに言ってしまうあたりこの人はまだまだ無邪気なんですよね。
優良物件……165話によると薫先生の給料は手取りで月45万。12カ月分で540万か。
ボーナスはいかほどか。私が知ってる中で一番ボーナスもらってる人が夏冬合わせて月給5カ月分らしいのでそれで計算して足しても765万。
ちょっと足りない。10年後には突破してるかもしれませんが、ちょっと話に出ただけの話でそこまでの話にはならないか。
牧村さんは研究者時代の収入が1000万越えてそうな気もしますが。

さて、ここにもヒーローな桂先生に惚れた男が一人。
その名は足橋剛治。漫画家です。名前と容姿と教師という職業だけを手掛かりに、半日で桂先生の職場をつきとめた行動力と手腕が恐ろしい。
東宮君が話すにしても、彼は確か臨時のアシだしちょくちょく来るとしても平日学校を休んでは来ないでしょうし、多分彼経由ではない。
とすると……あまり気にしない方がいいか。
最近泉、理沙と別行動を取ることが多い美希が今回も一人で出てきたり(そして恋愛絡みの話振ってるよ)とか、スキになるっていうのは分からんと当のスキな人のはずのハヤテに語らうナギとか、恋愛っていうものは分からんねえ。
ちなみに桂先生的に、相手が金持ってるから会ったばかりの人とでも結婚しようって選択肢はないらしい。脳裏に浮かんだ薫先生のことが関係あるのかないのかよく分からん描写ですけどね。
薫先生が本気出せばどうにかできそうなことだけは分かった。
ちなみに今回出た学生キャラの中では、唯一千桜がスキな人っていうのがいない人なわけですが、その千桜が今回妙にイケメンチックな顔でしたね。



トラックバック先(順不同、敬称略)
タカヒナの日常境界線
ヒナギク様に恋してるっ!!

FC2 Blog Ranking

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/907-79c310c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。