乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ3・4号(2011) 漫画感想

仕事は相変わらず修羅場ですが、ジャンプ感想書く余裕くらいはできたよ!

・ONE PIECE
・バクマン。
・黒子のバスケ
・めだかボックス

以上の4作品です。



○ワンピース
新魚人海賊団はアーロンのやってたことに近い連中の模様。
そういえばジンベエさんどうしたんだろう。
魚人島に帰るとか言ってたような気がしますが。
しかし主張はともかく、力でいえばアーロンは今の麦わらの敵ではないような気がします。
それは東の海で鈍り続けたアーロンとグランドラインのど真ん中で抗争を続ける彼ら新魚人海賊団の差で、アーロン一味が壊滅した以上もはや比べる機会もないでしょう。
で、この新魚人海賊団の頭って何者なんでしょうね。あとはネプチューン軍とは何かか。
ルフィ達の味方になるかもしれませんし、三つ巴に近い形になるのかもしれません。
もしかしたらジンベエさんそっちにいるのかな。

○バクマン
なんかどうにも作り物めいてるなあ、今回の蒼樹さん。
平丸さんも吉田さんもある程度そうなんだけど、この二人は今回必死だからあまり気にはならないんだ。
特に平丸さんすげえ。デスノートの大場先生だったというのを久しぶりに思い出しました。
ポルシェを囮にするとかよく考えついたよな、あそこまで冷静さのない状態で。

○黒子のバスケ
花宮のやったこと7割、元々違和感を放置してた木吉3割ってところか、原因は。
そして結果は一生もの。
バスケはあまり日本人が学生終わっても続けられるスポーツって印象は薄いです(できないわけじゃないですが)ので、これは重たいなあ。
ちなみに現実に木吉が取った選択とは別に、じっくりリハビリして三年生時のインターハイおよびウィンターカップに合わせる選択肢もあったはずですが……まあこれはどっちがいいかは漫画で提示された情報だけでは分かりようがないか。
そして現在突きつけられた選択は、木吉を休ませるか出し続けるか。
後者の選択肢に死亡(選手生命的な意味での)フラグが見え隠れするのですが……

○めだかボックス
球磨川の大嘘憑きで検査資料を用意することはできないはず。
つまり当時から球磨川には協力者がいたことになります。
脅すにしても人吉先生に気づかれずに検査させるのは無理があるので、もともと何かできる能力か権力のある人が自分の意思で協力してたんでしょうね。
その人が今でも協力しているとは限りませんが。
そして『もう子供じゃない』と母親に認められた次のページに『今日の俺はなんだか目の色が違う』という微妙に滑った中二病+邪気眼な発言してますよ息子さん。
まあ比喩抜きで目の色変わってますけど。
この手の物理的な変化はアブノーマルよりもマイナスに多く見られるので、名瀬ちゃんに続いて人吉までもマイナス化しちゃったってことなんでしょうかね。




FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

最近ジャンプ読んでないなぁーーー

マンキツ行きたいです

  • 2010/12/28(火) 16:31:48 |
  • URL |
  • マンガの名言集 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/898-ee2f4a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。