乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ44号(2010) 漫画感想

ワンピースがもどってきたぞー!
今週のジャンプの感想は

・ONE PIECE
・黒子のバスケ
・銀魂
・PSYREN-サイレン-
・めだかボックス

以上の5作品です。

○ワンピース
ついに再開しましたワンピース。
扉絵見ると一番インパクトあるように変わったのはフランキーですね。
彼に何があった……って髪型変わっただけと言えなくもないですが。
実際に漫画の中を見るとみんな結構変わってますね。
ウソップもナミもサンジもロビンも……
ブルックは見かけは服が派手になっただけっぽい(骨だしアフロは変えられんしでは変わりようがねーよ)ですが有名人に。
そういえばブルックが麦わらの一味だって話はあまり有名ではないんですね。
偽一味にもブルックいませんし。
そしてブルック(本物)のライブと仲間募集(偽物)がロビンを混乱させる……ロビンは他の面子と比べても動きづらいから災難ですね。
偽麦わらはいつまで居続けるんだかとちょっとイラついてたところに本物のルフィが登場。
海軍も動き出すし最初の障害は何になるのかな。
2年前のルーキーではキッドとドレークが新世界をかき回しているようです。
キッドはやたら好戦的だしドレークも戦る気満々でしたからこの二人が目立つのは当然でしょうか。
ホーキンスは成り行きにまかせそうだから派手さでは劣るか……未だ健在という保証もないですが。ローはどうしてるんだろ。

○黒子のバスケ
木吉ひでぇ。
まあ黒子はシックスメンなので常にいなきゃいけないプレイヤーでもない。
しかし誠凜は器用なチームだ
木吉・日向・伊月・水戸部・小金井でのスピードバスケットの形があり、
その後木吉が抜けて日向・伊月・水戸部・小金井・土田での形を作って
そこに火神入り、黒子入りの形まで作って、随分柔軟に動きますね。
……そういうチームでないと黒子は活きないので漫画の都合というか宿命なのですが。

○銀魂
イボかよ!
それが本命かよ1
しかも振り回されてた二人もイボかよ!
そして向上心と銀時って噛み合わなくね?
と思ってたらヤムチャは演技かよ!
そういえばエイリアンとかいる世界だったよなここ。忘れてた。

○サイレン
えらくあっさり決着がついたな。
この漫画自体が急速に終わりかけてるのか、それとも盛り上がる弥勒戦は現代でやることになるのか。
ミスラと弥勒の関係は、弥勒がどう思っていたかは知りませんが、ミスラにとっては弥勒は目的さえ果たせばいなくなったことを悲しむ相手ではなかったようです。
弥勒が作っていたのはミスラの新たな、それも間に合わせでなく最終的に欲する肉体でしょうか?
弥勒が生きてれば弥勒もそれを使う予定だったとか。

○めだかボックス
魔王名瀬ちゃんによる急造のマイナス無効化システム。その最大の弱点は警戒を解いてしまうと無防備になってしまうこと。
ちなみに、めだかちゃんには後者を引きずれるパワーがあります。
金網に降りて即座に人吉を穴の上に放り投げてしまえば善吉は助かりますね。
あるいは善吉を担げば動物避けで善吉も守れます。
当然球磨川が妨害してくるでしょうがやる価値は十分にあるでしょう。
あるいは壁伝いにゆっくり下りれ。30秒くらいあればいけそうです。
「大嘘憑き」は予想していたよりもずっと強力。
自分と関係のないことでも、そして起こったことだけではなく視力のような状態までなかったことにするのか。
ということは善吉の勝利どころか塾則の存在とか善吉が生まれたこと自体もなかったことにできかねないわけで……何もかもを台無しにしかねないなあ。




FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/862-8ceb0b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ44号

・ぬらりひょんの孫  こんな鵺は嫌だ。胎盤の方が強い。  鵺はまだまだ動けないけれど、出産直後の羽衣狐様がフリーになっただけでも大きかった。秀元が言っていた「こちらが攻める番」は終わってしまったも同然か。  最後の隙をついたのが、嘘大好きの竜二兄ちゃん...

  • 2010/10/08(金) 23:30:14 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。