乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ39号(2010) 漫画感想

明日には次のジャンプが出る晩に更新される今週のジャンプの感想は

・ONE PIECE
・めだかボックス
・PSYREN-サイレン-

以上の3作品です。

○ワンピース
3D2Yの件はあちこちで語られていた通り、集合を3日後ではなく2年後に延期するというメッセージでした。
しかし。
「2年後のいつどこへいけばいいんだ?」
などという新たな疑問が。
あまりメッセージに情報量を多くし過ぎると仲間以外にも感づかれる可能性があるのであまり多くは望めなかったのでしょうが。
場所は当初の予定通りシャボンディ諸島。
正確な場所はサウザンド・サニー号のあるあたりでしょうか。
2年後に残ってるか怪しいですが。
正確な日時は、きっかり二年後か?

覇気には「見聞色」「武装色」「覇王色」の3種類が存在。
現象自体は前々からところどころ出てきていましたね。
設定としてはシャボンディあたりで固まったのかな。
ちょうどレイリーが覇王色を発揮したり、足空独行など覇気による行為があからさまに目立ってきた頃です。

さて、あと2年でこの世界はどう動くか。
よくて現時点のルフィ達と同等程度の実力で新世界に乗り込んだルーキー達、姿を消したモリアと謎の手紙を受け取ったバギー、白ひげの残党と残る四皇、現在4人しかいない七武海、現状最大の敵を打ち倒した海軍と世界政府、世界政府と袂を分かったジンベエ及び魚人島、そして革命軍に黒ひげ……2年も経てば何がどう動いてたっておかしくない。
2年という長さから比べるとわずか25分の1の期間ですが、我々もしばらくワンピースとはお別れになります。
4週後を待ちましょう。

○サイレン
「やだなぁ…前に僕に負けたのをあなた覚えていないんですか?」
そんなことありましたっけ?
……そうだった。
最初にドルキを追い詰めた時に出てきたシャイナに為す術もなかったんだっけ。
特にヒリューが空高く飛ばされたりもしましたね。
でも雨宮さんvsシャイナに限って言えば一番記憶に残っているのは雨宮さんがシャイナの腕折ったシーンですよ?
さらに、今に至ってはノヴァを習得に、桜子とアビスが同時に存在するという大変な事態が発生しました。
さらに周囲の煙を通じて相手の心を読むとか思念体によるダミーとか……
一つ一つはマジ外道を呼ぶほどの能力じゃないですがこれだけ並べられると、そしてその使い手が雨宮さん&アビスという事実の前にはちょっとシャイナさんには相手するのは無理ですね。
シャイナ・ウラヌスが崩れ、ヴィーゴは仲間割れ、カプリコの禁人種は朧に通じず、ジュナスは本調子ではない……朧がまだ健在なら、戦況は大きくレジスタンス側に傾いたと言えるでしょう。
グラナ・天戯弥勒・ミスラみたいな桁違いに危険な相手だけ何事もないですけどね。

○めだかボックス
「自分より下種な人間がそばにいてくれるという事実ほどやすらぐことはない――」
それだけ見ると酷い台詞だ。
というかこの人たちの最低って何を意味するんだろう。
不知火のウルトラCってなんでしょ。登校していない十三組でさえ一日で終わらせてしまうって、それこそ大規模無差別破壊くらいしか思いつきませんが。
兇化合宿はマイナス十三ですらやる理事長がとめるっていうのは相当まずいみたいですが、それ以上にここで後手に回るのもまずい。
と言いつつ速攻には色々なものが足りなさすぎるのでやむを得ないか。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/845-2cf067e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。