乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ38号(2010) 漫画感想

今週のジャンプの感想は

・ONE PIECE
・べるぜバブ
・めだかボックス
・黒子のバスケ
・PSYREN-サイレン-

以上の5作品です。




○ワンピース
うお、なんだこの扉は……
色んなifがなければエース、ザボの出港直前あたりに見られた光景なんですかねえ。
麦わら一味の中ではフランキーが際立って面白いことになってますね。
燃える霊獣伝説って何だよ!

○べるぜバブ
もう熱心に読んでいる皆さまはとっくにお気づきでしょうけど。
ベル坊がなつく条件って「凶悪さ」ではないよね。
そろそろ男鹿は無理としてヒルダが気づいてもいい頃なんだろうけど……
漫画の路線からして違いそうになるから無理か。
路線変更するか漫画が終わる時なんでしょうね、気づくのは。

○めだかボックス
なるほど、影が薄いのではなく目と意識が拒否するから見えないし忘れるのか。
『そして知られざる英雄』は験体名みたいなものか。
フラスコ計画に参加はしてないでしょうけど。
というかこの人が完全な人間に一番近いように見えます。
……理事長もきっと存在忘れてるんだろうなあ。
しかし、『ぬるい友情・無駄な努力・空しい勝利』ってアンチテーゼなのかある種の皮肉なのかよく分からん。
まあ先週の予想は外れて何より。

○サイレン
ミスラかぁ……やっぱり隕石に乗ってきた宇宙人とかなんでしょうか。
マリーにはおぞましい究極の選択(本人に選択権なし)がつきつけられ、フレデリカは息してない一方でアゲハと朝宮さんがもう来たよ。
完全に主戦力が移り変わって、朧の状態とノヴァの性能次第ではむしろ有利に傾いた感がありますが……強い相手と危険な相手と今回の作戦目標と取り返しがつかないかもしれない状況が全部バラバラなのが攻め側の辛いところです。

○黒子のバスケ
ダブルチーム……誠凜相手だと気分的にやりやすいかも。一人影が薄いから。
今回は木吉無双。相手がキセキとはいえ、コイツどうやって止められたの?
紫原にも見た目から想像できないようなトンデモな特性があるんだろうか。
単に高いだけなら止められない……抜きに来たところを青峰あたりが止める?
パスしたら受け取った相手を止めればいいだけなので楽か。他は抜きんでて強くはないんだろうし。
そうなると木吉の扱いがキセキと天地ほど違うように見えるのは、自分と同じくキセキの一つ下ぐらいの実力をもつチームメイトに恵まれなかったせい?


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/837-e4a71051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。