乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- #28「DEAD BODY and NEAR-DEATH MIND 6」感想

単行本がようやく10月に出ます……周りのSQ作品と比べても遅いなあ。
休載結構多いせいですかね。


究極の8体の順番が出ましたね。
スカベンジャーは3、エルムは7。
今のところ正体不明なのは4と8か。
ブリッツブルーダーにこれ以上特化型はいそうにない……どこで何してるのやら。

ジョン=ドゥの性能は読切同様。
血液機能特化型で、超高速で噴射するのが必殺技。
死体卿が派手にぶっ壊れました。
もう少し上にあたってればこれでブリッツ=ブルーダー終わってたかも。
効き腕の方は単純により強力なのかな。
とりあえずは死体卿が退いてというか逃げてこの場は幕……じゃないかも。
ピーベリーがジョン=ドゥに喧嘩売ってるよ。
いや因縁的にはそうだろうと思っていたけれど、ヒューリーが満身創痍な状態で啖呵を切るのを全く抑えてません。
ここでジョン=ドゥが攻撃しだしたらどうしようもなく終わりなんですが。

死体卿はやはり人造人間。
ジョン=ドゥ側に反応がないということは、例の読み切りは連載にはつながらないものだ、ということでしょうかね。




FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/832-79003900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。