乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ35号(2010) 漫画感想

今週の感想は

・ONE PIECE
・めだかボックス
・黒子のバスケ
・PSYREN-サイレン-



以上の4本です。


○ワンピース
やったことはマリンフォードでの黙祷、および16点鐘。
これは尾田先生、読者に予想とかさせるつもりは全然なかったですね。
特に16点鐘なんて風習は今回はじめて出ましたし。
キッドの読み通りにとっていいのかな?
仲間達へのルフィ健在宣言でもあるのかもしれません。
……ゾロが分からない、チョッパーやウソップが「分かった」とわざわざ言ってることから考えるとそんなに単純なことだけでもないみたいですが。
ロビンの「了解」からすると、何かしらの命令もしくは提言が含まれているのかも。
黙祷してる写真はルフィらしくないにも程がありますが、それがどう鍵になるのかよく分からんぞ……
そっちの深読みは結局わからなそうなのでほどほどにしておくとして。
黒ひげに潰された億越えルーキーって誰だろう。
キッド(&キラー)、カポネ、ホーキンス、ウルージは健在を今回確認。
残るはドレーク、ロー、アプー、ボニーか。
ローの能力は底が見えません、ヤミヤミにも通るかも。
ボニーの能力は発動条件にもよりますがヤミヤミ相手にはむしろ有利かも。
老化や幼児化は我慢できるもんでもないし。
でも負けたって全然おかしくないわけですが。
制御がうまくいかないとはいえグラグラもあるしな……
白ひげが死んだ時に号泣してたボニーは、黒ひげの「ショー」を白ひげへの冒涜だと思えば積極的に狙う可能性はあります。
他はあえて狙う理由はないけど、遭遇して戦わずに終わるとは思えません。
そして九蛇に滞在して出発が遅れたローは黒ひげと遭遇する確率は他より低い。
そして尾田先生はドレークみたいなタイプよりアプーみたいなのを活躍させたいタイプだから可能性としては、
ボニー>ドレーク>アプー>ローという感じですか。
そして健在組は、海賊と遭遇した人よりも自然と遭遇してる人の方が大変みたいです。
四皇やその対抗馬とぶつからない限りは自然の方が強敵なんですかね。

○めだかボックス
「愛だの恋だのほざくのは! 赤子の一人でも産んでからにしな!!」
人吉先生。息子さん産んだ経緯とか話してもらっていいですか?
そして怒江さんは非常にチョロい女だ。
人に依存することも含めて、本当に異常と大差ないなあ。
そしてミスターアンノウンと呼ばれなかった男。
じゃあ知られざる英雄って何だ!?
幻のシックスメンですか?
まあ、人吉(息子)の中二センスがつけた名前なんでしょうね。

○黒子のバスケ
ああ、桃井さんは最後には青峰の方に行くフラグ立ってたんですね。
いや元々そんな感じでしたけど、今回で確定。
これは新たなヒロイン登場の可能性があるかもしれない。
そして紫原は全国優勝を目指すならキセキの世代中最もハズレです。
洛山戦には使えないわけですからね。
陽泉はそこんとこ分かってて獲ったんでしょうか。
分かってなかったら痛すぎる……

○サイレン
ウラヌス死亡、そしてフレデリカ消息不明。
両陣ともに戦力は削られていってます。
……星将はまともに動けるのシャイナとカプリコ、ヴィーゴだけか。
レジスタンスに合わせるという意味でも、裏切るとしたらここしかチャンスはありませんね。
あとはシャイナをどこまで阻めるか、グラナもしくは弥勒が動き出すまでにアゲハ達が間に合うかどうか、ですね。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/827-976c4d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ35号

・ぬらりひょんの孫  じじいが脱出した直後に、リクオたち若手が京妖怪の本拠地に来襲。あ、ゆらもいるよ!この展開の早さはなんだろう。がしゃどくろが守っている封印で、デカブツVS多人数が描かれるのを少し楽しみにしていたのだが……結局、陣地戦は話が長引きすぎ...

  • 2010/08/04(水) 00:25:34 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。