乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ32号(2010) 漫画感想

今週の感想は


・ONE PIECE
・めだかボックス
・黒子のバスケ


以上の3本です。




○ワンピース
レイリーが来た! しかも泳いで!
そういえば、ルフィ達はくまになすすべもなく散り散りにさせられた……しかもそれはルフィ達を逃がすためで、黄猿に一味総出でかかって劣勢だったわけです。
その前にはパシフィスタに苦戦してました。
あれだけだったらまだルフィは勝てないとは思っても怖いと認識しなかったかもしれない。
しかし頂上決戦にて、大将は勢ぞろいするわ七武海も何人も出てくるわパシフィスタは何十体と出てくるわで……最終的にエースは死にました。
だからこそ、ルフィは心底ゾクッときてるわけですが……
そんなルフィに対するレイリーの提案は、方向性としてはやはり強くなることか。
ルフィの情報は断片的にでもルフィに、そしてチョッパーに伝わっていますが、チョッパーは何を見て驚いてるんだろ。
「ルフィ、死亡確認」というのを見た驚き方ではない感じです。
本人が知らない間に七武海に選定されたりしたんでしょうか。
離脱した黒ひげに加え、モリアも七武海の座から蹴落とされそうな感じですからね。
ただ海軍側としては革命家の息子を七武海にするのはあり得ないし、ルフィが兄を殺した相手と共闘する地位につくとは思えないことも重々承知でしょう。

○めだかボックス
おや、王土は退学してしまいましたか。
これから彼の華麗なる噛ませライフが始まるかと思ったのに。
そして不知火がいなくなったので偽ロリ成分が補充されました。
というか何故にランドセルを背負ってるんですか?
小学生だと意図的に間違えられる気満々だったんでしょうかね。
江迎怒江は負完全の中では一番の小物っぽい雰囲気がします。
球磨川と違って見るからにおかしいので。
凶器を振り回して血を見るのがを持つアブノーマルといっても通用しそうなレベルですよこの娘。

○黒子のバスケ
キセキの世代は決勝・準決勝には出ていない。
何でだろう、洛山に入ったキャプテン赤石は知略に長けてそうなタイプなので、自分を巻き添えにしてでも青峰、紫原を出れないようにトラップでも張ったんでしょうか。
しかし黄瀬がいる海常は全国ベスト8で、緑間のいるとこは都大会敗退……黄瀬はともかく緑間は立場ないですね。



FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/818-d5905547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ32号:新連載 逢魔ヶ刻動物園

・逢魔ヶ刻動物園  4時44分、逢魔ヶ刻?に動物たちが擬人化して動き出す……ウサギを追いかけ回しただけで、あんな呪いと力を授かるなら世界はアニマル人間だらけになっている気がした。いや、意外に裏ではなっていて第二段階の敵として出てくる可能性はあるなぁ。読...

  • 2010/07/16(金) 18:45:40 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。