乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 8

実はもう9巻出ていたりはするのですが……ね。


アーティスト アクロ 8 (少年サンデーコミックス)アーティスト アクロ 8 (少年サンデーコミックス)
(2010/04/16)
桜井 亜都

商品詳細を見る


67話から72話まで。それと読切版アクロですね。

そういえばこの時点でのクラウンの身体能力にも疑問はあったんだ。
青天の都の人間だもんなあ。
できても不思議じゃない。
多分、アクロやネネだって青天の都の人間の中でそれほど強い方ではなかったと思うんですよね。
結局一人前になる前に都滅びちゃったわけですから。

最後に復活するとはいえ、ヴルーがここで死ぬ。
しかもスバルが微妙に相手にされてない風で。
アクロ、スバル、クラウンと、主人公とラスボスとライバルが執着してる人が全部同じだとどうしても割食う人が出てくるよね。
……いや、最終的にヴルーに決意させたのはスバルなんですが。
それだけが決め手になったわけでもないので、スバルとしてはあまり手応えのない感じが出ているのは仕方がないか。
ヴルーが変人でスバルとセンスを共有していないのも原因の一つです。あの例えは全然わかんねーよ。

そして読切版。
この時点からアクロはロリコンだったのか!
しかし「年上」ってだけで恋愛絡みの展開をバッサリ切ってしまうのって実はすごく分かりやすい話なのかもしれません。
イゾルは色々なとこがナジーと似てますな。
腐ったアーティストの典型的なパターンとしてこいつもナジーも作られたんでしょう。
アクロは連載版と比べるとちょい説教くさい感じですが……読切である以上仕方ないかな。
連載版のアクロは読切分でやるには複雑すぎる。青天云々を抜きにしてもね。
7大アーティストが色から名前をとってたのは知っていましたが、ジローが『白』からなのは全く気づきませんでしたね。
読切版のジローは見た目普通の紳士っぽいです。
連載版ではファンキーな人になっております。カバー折り返しでバズーカ撃つくらいに。



FC2 Blog Ranking




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/796-7e8f403d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。