乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー24号(2010) 漫画感想

今週の感想は

・マギ
・結界師
・國崎出雲の事情
・神のみぞ知るセカイ
・絶対可憐チルドレン
・アラタカンガタリ
・ARAGO
・オニデレ


以上の8作品です。



○マギ
マギの背景はやっぱり良く分からん。
ジュダル自身、マギにそれほど詳しいわけではないみたいですし。
というよりは、別にマギだからどうこうではなくて、自分自身が何をするかは全くの自由なんですかね、マギも。
それにしても迷宮怪物軍団って何……
ダンジョンの怪物を外に出したりできるんだろうか。

○結界師
魂蔵持ちはあの女の子で、その兄を新しい体に選んだ、と。
人形が全て男性なのにも理由があった、と。
しかし前の体のじいさん、外界の刺激に反応できるくらいの精神があったんですね。
このおっさんは戦力にならんの?
……ならないし、ミチルもここで全くの他人を引き入れるような人じゃないか。
あちこちで不安要素が動いてるが、一番の不安要素は殿が退屈してる&時守への不信感があることが発覚してることだったりして……

○國崎出雲
國崎屋の初日には何かが起こる。
そういうジンクスというか、そうしないと漫画的におもしろくないせいか、今度は玄衛が間違える。
それにしてもお嬢吉三、ちゃんと今までの姫役と表情とか違うようになってるんですね。
……そしてまた出雲の周りに変態が定着するわけですね。
柚葉パパも大変ですね。

○神のみ
古悪魔復活を目論む者が駆け魂隊にいたか。
新悪魔なのか古悪魔なのか分かりませんが、明確な敵側ですね。
……というか、間もなく古悪魔が復活するって、古悪魔は子供として転生するんじゃなかったっけ?
設定変更があったんでしょうか。
バッドエンドもありそうな気もしますが、今回出てきたメガネが普段実行部隊でバディーとともに古悪魔復活にいそしんでたりしたら対戦型ギャルゲーと化します。
対戦型になったら桂馬はさらにやる気なくしそうですが。
昔あったはずだけどやはり売れなかったのか後に続いた作品はなかったですもんね。

○絶対可憐チルドレン
マイノリティー、ねえ。
バベルにも谷崎をはじめ結構シャレにならん奴らがいるんだけど……
まあ、谷崎はあくまで実在する女相手だから話は合いそうにないのか。
そう考えるとパンドラは腐とかマッチョオカマとかをはじめとして普通から逸脱している面が多い……ボスからしてコスプレイヤーですからね。
バベルよりは居心地いいかもしれない。
そしてフェザーからすると、「彼」は間違いを犯したらしい。
「彼女」が間違いをしたわけではない、と。ふーん。

○アラタカンガタリ
門脇に見られるフラグがびんびんに立っております。
問題は門脇が気づくかどうか。確率的には半々かなあ。
本物の女差し置いて評価されるのは一体誰以来のお約束なんでしょう。
というかクグラの顔が普通に美形だ。
もっと女には嫌われそうな顔してると思ったら……

○アラゴ
ジョーさんブラボー。
こんな巨人に相対しても陽気にクールにやってのけましたよ。
伊達にパッチマンを自分の手で捕まえると思ってない。通じるかどうかは別として。
オチは勘違いオチ。
突っ走るなとは言われても、新人は自分の評価を迂闊に聞けない雰囲気ってものがあるからなあ…そうでなくとも厭味ったらしい先輩いたし。
まあ今度こそアラゴの耳にも届いた、ということで一件落着か。

○オニデレ
各人の向いている方向があさってすぎる……
天音の過去も明らかに……覇王巣全盛期の様子からしてもう依子さんには逢いたくもなかったでしょうし、依子さんも今更呼び出されても迷惑だと思います。
自分にも克ち彼女にも頼みこんだであろう天音がここでは一番本気でやっている気がします。
正にもその辺の負い目はあるんでしょうね。だからやめるしかない。とりあえず婿養子は「力技で勝つのはどうやっても不可能」と断言されたようなので他の方法を……まあ正攻法があるわけですが。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/789-65bdec50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。