乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新テニスの王子様「Golden age 27 開かれた門」「Golden age 28 鬼と中学生の不思議な関係」感想

テニプリの愛蔵版コミックスが出るらしいですね。
その名も「テニスの王子様 完全版」
意外とSQはメディア展開やる気満々なんでしょうか?
屍鬼といいテガミバチといい……


勝ち組は負け組と比べると平穏なトレーニングを続けていたようです。
跡部様は朝からティータイムでご機嫌ですよ。

跡部に限らず、中学生は入れ替え戦でも好成績を残しています。
5番コートは鬼以外全員中学生、6番コートも全員中学生。
ちなみに中学生の中で5番にも6番にもいないのは観月(9番)と南(12番)だけ。
みんながみんな5番6番とばかりぶつかったわけもなく、当初適当にぶつけてたら中学生の快進撃が続くので5番6番に当てることになったと考えると、ほとんどの中学生が2回以上の入れ替え戦をやってるはず。
それで南と観月の位置がここということは……単純に負けてるんですね。
まあ2回のうち1回鬼と当たってるとか、そうでなくとも南はシングルスでは全国レベルとは言い難い実力、観月も全国大会を経て合宿に来たメンバーと比べると力不足でしょうからちょうど実力で倒せるギリギリのレベルの選手とあたっていなければこういうことにもなるでしょうね。
とまあこの二人は置き去りにして、チームシャッフルなるシステムの存在が明らかに。
コートごとに代表者7名を決めシングルス3試合とダブルス2試合を行い、3試合取ればコートの全員が入れ替わる。
試合部分を見れば散々やってた中学生の大会の方式ですね。
3番コートの入江が「まずは鬼を倒してからおいで」と言ってましたが鬼の方が味方について入れ替え戦の申請をしてくれました。
5番コートの面々は鬼、手塚、石田銀、橘、蔵兎座、ジロー、亜久津、跡部、白石、千歳、切原、木手という面々。
幸村と不二がいない(6番コート)なのがやや痛いか。
鬼考案のオーダーは、D2に切原と白石、D1に千歳と橘、S3に蔵兎座、S2に手塚、S1に跡部……って鬼自身は入らないのか!?
手塚と跡部はまあ外す方が考えにくいとして、他にはやや疑問を感じなくもないオーダーです。
このメンバーだとまずダブルスが悩みの種。
元チームメイトの橘と千歳を組ませるのは考えやすいですが、ダブルスでは千歳の才気煥発の極みが発動できない問題があります。
さらに切原と白石……切原はダブルスできないわけじゃないですが、立海ビッグ3以外の人と組ませてちゃんとやれるのか。
蔵兎座は……DとS1S2が決まったら対抗馬が石田銀くらいしかいませんが、石田銀は相手次第では上手く立ち回れないかも知れませんしね。
対する3番コートの面々に、2年前とは似ても似つかない大和祐大の姿が!
メガネがないけどむしろ髪の色とか髪型のほうが違いが大きいかもしれない。
というわけで急遽手塚に因縁の相手が用意されました。もちろん大和は3番コートのS2。
大和、入江の外には、ネタ的な意味でD2の松平に注目。マグナムサーブを操る元11番コートの松平と同姓で、見た目も何となく似てます。兄弟でしょうか。



FC2 Blog Ranking

テーマ:テニスの王子様 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/768-8f8da436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。