乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ17号(2010) 漫画感想

今週の感想は、
・家庭教師ヒットマンREBORN!
・ONE PIECE
・BLEACH
・黒子のバスケ
・ぬらりひょんの孫
・こちら葛飾区亀有公園前派出所
・PSYREN-サイレン-
・バクマン。
・めだかボックス
・HUNTER×HUNTER


以上の11本です。


○リボーン
ツナ……ここでこうされると違和感バリバリですね。
自分のことではありますが、転校生のためでもあるところなんで、ここで頑張れないとなるとなあ。
リング同士が共鳴してるみたいなこともあって、今回もまたリング絡みの話になりそうですが、ボックスはどうなるんでしょう。
あれが使えると有利過ぎる、でも使えないと描写がスケールダウンする、至門もボックスもしくはそれ以上のものを使えるようだと色々と納得がいかないのですが。
パラレルワールド修正の際に何か起きたと考えた方がいいですか?

○ワンピース
コビーに何があったのかな。
彼の感受性みたいなものがそうさせるのか、あるいは空島でのマントラ、あるいはハンコックの妹のように心を読むような覇気でも備わったか。
だがそこで味方を止めちゃうのはまずいですね。
何だかんだいって、仕留められる海賊をわざわざ逃がす理由はありません。
犠牲が出るのはある程度は仕方ない……現状はオーバーヒート気味ですが、それでも兵士が自分の判断で作戦行動を中止してしまうのはまずい。
ただ元帥のセンゴク、大将中将が普通に自ら戦っている状態もあまり好ましいものではありません。
ちゃんと指揮をとっていれば、混乱を抑えて海軍側の犠牲者は少なくできるはず。
逃げるより向かってくる方を優先するべきだし、まして黒ひげの力は島のみならず周囲の海にも大影響を与えているので三大将を呼び戻して黒ひげに戦力集中させるのが海軍には一番だと思いますがね。
白ひげ残党と麦わらをここまで追い詰めたのに、というなら確かに欲をかいているかも。
大将とコビーの是非とは違うところで、このやりとりがシャンクスが到着するという事態を招くことになりました。
いやなくても来る前に一撃あるかどうかの差ですが、この一撃分の時間差が生死を分けた人もいるでしょう。
この戦争を終わらせにきたと言いますが、具体的にやることは何でしょう?
白ひげの撤退支援か、それとも黒ひげと戦う?
海軍壊滅まで狙っているとは思えませんが、もし狙っているならそれにも絶好の好機ではあるんですよね……

○ブリーチ
藍染「それも私だ」「それも私だ」「私だ」
……これやるキャラが自分の口で明確な嘘をつくと格を下げちゃうんだぞ♪
ちなみに、藍染は以前、十刃がこれほど弱いとは思わなかったとか言ってるんですよね。
自分の目に狂いがあることを自分で表明している人に全て掌の上とか言われると藍染からどんどん小物臭が出てきてしまう……
大物ぶっていても実は内心ビクビクな道化のバギーに近いぞこれ。
彼の言ってることとて証明できる根拠はないですしね。

○黒子のバスケ
あらためて海常のPF、SGのキャラづけがされましたが……笠松はいいとしてもう一人紹介が足りてないような。
まあ桐皇も一人空気だから条件は互角か。
前情報では青峰が黄瀬に対しては圧倒的に有利ですが……勝敗よりもこの試合で何が見れるのかが気になる。

○ぬらりひょんの孫
首無無双のはじまり。
首無からすると、今のリクオの百鬼夜行にいるよりも、自分が頭の一人百鬼夜行の方が畏れ的には強い、ということなのかもしれません。
それは黒田坊にとっても当てはまる……?
リクオとしては修行が終わったら、改めて首無を畏れさせないと百鬼夜行に再び加えることはできないでしょう。
その前に首無は茨木童子を前にどう転ぶか分からないのですが。
勝つ、負ける、あるいは寝返ることすらあり得るかも。

○こち亀
いい話といえばいい話なのかもしれませんけど、何故に両津から電話がかかるたびに中川自身が戻る破目になるんだろう……
よく考えたら、両津は中川グループの企業と勝手に話つけて変な商売をはじめては破綻するというようなことを何度もやってるから、自分で目をつけてないと不安なんですね。

○サイレン
前回の世界ともまた結構ずれてます。
そして以前ここに来たアゲハたちはやはり次のドリフトから帰ってきていない。
……もしかして、本来の時間軸で宣戦の儀に到達しない限りずっとこうなのかな。
そしてフブキとイアンが! というかイアンが生きてる!
根には人が増えてますが、ワイズも増えてます。
まずは鬼瀬か。潜入するにはうってつけすぎる能力を持っています。
入りこまれたら根の内部で戦闘することになりますが先手を打てるかな?
ところで、この未来にヒリューと朧はいるんだろうか。

○バクマン
結局自主打ち切りは通るか。
まあここで続けられてもバクマンが面白くないからなあ。
ここで初登場の静河と会議でぶつかることになります。
二度短期打ち切りですし、次の作品が正念場でしょうね。
港浦も動き出しました。まずは先輩に、それも亜城木を見出して、現在でも高く評価している服部編集に教えを請う。
……ある意味で、ここで初めて編集の引き継ぎができたのかもしれません。

○めだかボックス
実はめだかの記憶は危険な本性を閉じ込める拘束具だったのだ!
記憶という枷をはずされためだかは超危険人物!
……などという先週の予想は大外れ。
めだかが拉致されて話の展開が先週までとは違ってくることに。
それに伴って敵味方大幅増員。
敵は未出の十三人。理事長いわく扱いにくい方の六人。
味方はかつて戦った……り敵対的だった人たち。
人呼んで「負け犬軍団」……って、さっき負けたばかりの高千穂とか宗像までいるし。
十三人のうち最強の男と最強の女が既に出た状態ですが「強いとかじゃねー」らしいので、バトル路線からもそれて変なこと始めるのかも。

○ハンター
王の意見は違うのは……ネテロのことが記憶にないから、というのが一番大きいでしょうね。
ネテロと戦って譲歩をしていきましたから。
それと、ちょっと前までのプフに近い考え方をしているようにも思えます。
プフはメレオロンの能力を「触れれば分かる」と考えているあたり、まだまだ神の不在証明で騙せる余地はあります。だからこそ潰されるのはまずい。
ナックルはプフがコムギを狙う可能性を考えていない。
まあ考えづらくはありますが、考えていたキルアにも教えてもらってない。
これはナックルの挙動から策がバレるのを防ぐためでしょうか。
ターゲットを確認できたのはいいですが、コムギを背負ったままのキルアでは分身に勝てるかどうか怪しい。
近くにメレオロンがいて、確認次第再び消える?
それともイカルゴあたりが次の策のために動いているんでしょうか?


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/765-0b0a4393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。