乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 7


さすがに発売後すぐに画像が出るようにはなりませんでしたか。
アーティスト アクロ 7 (少年サンデーコミックス)アーティスト アクロ 7 (少年サンデーコミックス)
(2010/03/18)
桜井 亜都

商品詳細を見る


57話から66話までの10話分を掲載。
65話からクラブサンデー掲載分ですね。
最後の数話で話の流れがガラっと変わっております。
当時打ち切りを危惧したのも当たり前といえば当たり前か。
移籍に合わせて話の流れを調整したのかな。
となると、移籍直後に主人公を殺すという展開になったのは狙ったっぽいなあ。

マルルが作った脱出用のドアと、ブラックボックス内にいくつも出現するドアの形状が似ていることを考えると、このドアはクラウンがマルルの技巧をコピーして作ったものなんでしょうかね?
でもパントマイムで全然離れた場所にドアを作れたとは思えない。
ブラックボックス自体に仕掛けがあるんでしょうか。アーティストの技巧をあらかじめプログラムして、条件を満たしたら発動するようにするとか。
クラウンの当初の予定も気になるところ。
アクロの仲間達の魂を使った余興ってなんだろう?
デコを弱いという理由で弾こうとしたということは、単なる人質ではないはず。
仲間の魂にアクロを襲わせようとするとかなんでしょうか?
そういえば、マルルがスバルとネネの魂をあっさり奪ったところは結局今でも納得いかないですよね。
至近距離のアクロも、距離があったネネも反応できないスピードってどんなだ。
このスピードで動けるならアクロも避けれずにあっさりやられるし、ラウが倒される前にみんな魂とられてるって。
しかも剣で足を刺してる状態なのに……
直前のマルルの台詞からアクロが殴りかかるまでに何かパントマイムしたのかもしれない。
足に剣を刺すこと自体は直後にマルルが喋っているのでパントマイムの動作に含まないとしても、刺さっている状態からできるものや、刺さっている剣を抜く動作からはじまるような無言劇が作れるのかも知れません。

アクロと再会したヴルーの言動は、後から見ると、嘘と本音が入り混じってますね。
スバル達とクラウンが来たときの、後で復活させる気だから揉め事起こさないでとっととこの場を収めようとしてるのが今見るととってもあからさまです。

おまけ漫画を見て。
ラウとマルルの仲の微笑ましさよりも、頭蓋骨に花柄トーンつけたおかげで余計に不気味になったことよりも、デコの額のあれは何だったのかというのが今さら気になってしまいました。
あとエア・モンスターのチビ4体組は、チョコだけ色が違うんじゃなくてそれぞれが名前にちなんだ色になってるのね。おなかすいてきたな(←それが感想か)



FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/761-5d9a774b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。