乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 6

もうすぐ7巻が出る、というタイミングなのにな……
そうそう、4月に8巻、5月に9巻と、3か月連続でアクロの単行本は出るらしいですよ。


アーティストアクロ 6 (少年サンデーコミックス)アーティストアクロ 6 (少年サンデーコミックス)
(2010/01/18)
桜井 亜都

商品詳細を見る



47話から56話までの10話分。
アート協会編クライマックスから、青天の都編に入ったあたりまで。

アクロのモノを視る目とか、アーティストにはその個人自身にしか見えない世界があるとか、レオンジが代理を送るとか、後々の展開につながるところがさりげなく書いてますね。
当時はアート協会消滅させちゃってこの漫画この後どうなるの? とかもう終わっちゃうの? とか思っていましたね。

さて、6巻にしてヒロイン初登場です。
そういえば以前まだ見ぬヒロインに関していろいろ言ってたような気もしますが。
……2巻の感想でしたか。
あのときはまさかヒロイン登場前にアート協会が潰れるとは思ってもいませんでした。
そしてアーティストではない(青天の都の詳細とか当時は全然出てませんでしたね)上に幼馴染とは……完全に予想を外してきました。
そしてやはり同い年にはアクロは興味を示さず、ネネがやきもきする展開に。


巻末おまけ漫画では、モグラに続きデコ女キャラかというネタが……!
よっぽど女キャラに飢えてたりしてたんでしょうかね、桜井先生は。
巻末の方が本編より出番があった青騎士メンバー。
結局メメンサも再登場したりはしなかったのです。


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/755-c8a05ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。