乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー15号(2010) 漫画感想

今週の感想は
・國崎出雲の事情
・結界師
・史上最強の弟子ケンイチ
・アラタカンガタリ~革神語~
・絶対可憐チルドレン
・金剛番長(最終回)

以上の6作品です。




○國崎出雲の事情
とりあえず、源の人たちは玄衛がもう15歳だということを思い出すべき。
15歳で子役の芸能人とか無理なんじゃないですか?
10代後半だったらもう子役じゃなくて普通の芸能人扱いのような。
大人になった途端、みんな興味なくなると玄衛自身が言うのも一番親が影響を与えていると言っても過言ではないかもしれません。
それをどうにかするといっても……いっくん、なぜ服をはだける。

○結界師
間時守と母さんはグルに近いことやってたわけね。
厳しくもフランクな人で、良守との相性はよさそうですね。
こっちは当面一安心ですが、今度は逆に正守が不穏。

○ケンイチ
新白連合が健闘しています。
元ラグナレクの面々は拳聖が資質ありと認めている、というのはまあ当たり前といえば当たり前のような……拳聖自身がどこまで団員に接触してたかは覚えてません。あとロキって強かったっけ?
まあ拳豪クラスはともかく末端の技の3人衆とかまでは見てないような気がしますが。
武器もった相手に善戦していますが、兼一がトラックに追いつくのは発車に手間取るか、律儀に信号で止まったりしない限りは無理そうです。
できたら達人になってしまう。
でもアーケード歩いたり、ビルで修行したりと、今回の展開に微妙に役立ちそうなことやってるんですよね……

○アラタカンガタリ
男装少女とお風呂で二人っきりだと? あざとい真似を……
渡瀬先生は時々少女漫画出身とは思えないことをやってきますね。
最後に現れた鞘はヨルナミに様づけ。クグラとヨルナミの関係がああならクグラの属鞘がヨルナミに様づけも納得できますが。
ところで属鞘ってシステムがよく分かりませんね。
単に他の鞘に従ってる鞘ってだけなら、今回みたいに外されたりはしないはず。
主従関係にあるのは剣神同士で、主となる剣神の意志で従属する剣神と人間を結びつけて鞘として振る舞わせる、とかなんでしょうか。

○絶対可憐チルドレン
サバイバルしてやがる……
相手は動物とはいえ容赦なく殺しにいける皆本、賢木ともに逞しい。
一方で、管理官は例の始末屋エスパーと交戦中ですが生理的に限界……相手の方は大丈夫なんでしょうか。
兵部は管理官見つけたと言っていますが、この状況まで把握してるんでしょうかね。知っててやってたことが判明したら皆本と賢木がさらに絶叫すること間違いないですが。

○金剛番長
エピローグ。
人生の勝ち組負け組がかなりはっきり分かれてしまっている番長(+α)たち。
というか、負け気味なのが念仏と磊くらいですか?
暗契五連槍たちや悪矢七あたりはよく分かりませんけど……往田は出番がないあたりこの漫画的には負けかな。
しかしよく見ると、街中に崖が唐突にあったりクレーターや地割れの跡があったりと、風景が明らかに異常というか金剛類大暴れの跡が確実に残ってますね。
それも金剛番長が確かに存在した証といえば証だし、その跡がくっきり残る街を見て陽菜子が金剛に向かってしゃべる、という構図もいいのかもしれません。
直後に金剛自身が帰ってきてますが。
気になった金剛のサイズは変異前(念仏より少し大きいくらい)に戻ってましたね。
とにかく鈴木先生、お疲れさまでした。



FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/754-5d13eb39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。