乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ14号(2010) 漫画感想

表紙は1650回と妙には数の多い記念のこち亀、背表紙はハゲ斑目一角。
感想は、
・ONE PIECE
・黒子のバスケ
・バクマン。
・めだかボックス
・HUNTER×HUNTER
・SKET DANCE
・PSYREN-サイレン-
・賢い犬リリエンタール
以上の8本です。




○ワンピース
正義の門のからくりは黒ひげ団員の催眠術によるものらしいです。
黒ひげはこのメンバーを加えるために七武海入りを目指し、色々と苦労してきたわけですが……巨大戦艦サンファン・ウルフはともかく、他の面子(シリュウ除く)はそこまでするほどの面子には見えません。
最終的に白ひげにとどめを刺したとはいえ一斉攻撃で、ほぼ死に体だったわけだしなあ……黒ひげ一人ではヤミヤミの実の力を先制して発動したにもかかわらず相手になっていませんし。
今の黒ひげのポジションは後から追いかけてくるライバル、ですかね。
最終的に最後の敵になる可能性はありますけど。
今のところ、エース捕縛の実行者ではありますが、ルフィとの因縁はあまり深くなっていない感があり、ルフィにとってはまだワンオブゼムですかね。
白ひげも遂に死にましたが、最後にまた世界をひっくり返すような一言を残しました。
この辺もゴールド……もとい、ゴール・D・ロジャーを彷彿とさせます。内容では完全に彼の後追いになってしまってますが。

○黒子のバスケ
秀徳と早々に遭遇。
そして返り血に身を包み、真紅に染まった抜き身の包丁を手に徘徊するカントクの魔の手が迫る!
……というのは冗談ですが。
ご飯はそこそこ問題なく食べられそうですがどの代償はケチャップまみれ、そして3杯食う義務。
ミスディレクションの制限はまあそりゃそうというか、敢えて説明されんでも暗黙の了解として分かりそうなものですが、これって克服できるものなんですかね。
例え黒子自身の影をさらに薄くしたとしても、ボールへの注目は避けられません。
克服するというのは、持ってても注目されないようになるというよりもっと別の要素を含むものになるかも。
逆に弱点を利用するとか、味方の体でボールを隠すなどして一瞬だけでも見失わせることで黒子にボールを持たせるとか、ドリブルにしてもチームメイトAからチームメイトBへのパスへと見せかけて黒子がパスコースに入って1回ぐらいなら……どれもこれも奇策ですが、そもそも黒子の起用自体が奇策なんだから仕方ない面もあります。
どっちにしろ一人ではどうしようもないですね。

○バクマン
シュージン、大スランプ……というよりも限界が来た感じですかね。
ナチュラルはアニメにドラマに実写映画……順番が違いますがデスノートあたりを彷彿とさせるメディアミックスぶりですね。
服部哲編集から港浦編集に発破をかけてみるも真意はイマイチ伝わらず……テレビを見てようやく、ですね。
今の自分達とタントに不甲斐なさを感じるものの、やめたくても自分の都合でやめて次の連載に挑む資格があるのかというと……どうだろうか?

○めだかボックス
目と心はともかく、ブラジャーとパンツも奪うのかい!
こいつは高校に普通に在籍させておくだけでも危ないですね。
旧校舎に幽閉するのも分かる。
名瀬の素顔はどのくらい驚愕に値するもんなんでしょうね。
普通に傷だらけ、とかではなさそうです。
後ろからだけど傷全然なかったし。
真黒およびめだかへの対抗意識から考えるとめだかもしくは真黒そっくりという可能性もありますが、それだと中学生の時点から素顔を隠している理由が分からないんですよね。
古賀いたみもそれだと素顔に対してそういう反応はではなさそうですし。
普通の古賀にも頭が改造人間になった古賀にも覆面の理由が無理なく理解できるような顔なんだと思うのですが……

○ハンター
なんだかすごいことになってます。
王も何だけど、それ以上にプフとユピーが……
言っちゃ悪いけど、キモいよね。少なくとも絵的には。
王と2匹の護衛軍はどうなるのやら。

○スケットダンス
一言でツンデレと言いましても、色々とパターンはありまして……
よくあるパターンを3つ挙げると、
「相手に好意を分かってほしいけど悟られたくないが故に神経質になり『勘違いしないでよね』と言ってくる」タイプ。
「イチャイチャしているのを人に見られるのが恥ずかしいから見られてるところではツンツンしてるけど二人っきりになるとベタベタする」タイプ。
「好きな人にだけは例え相手がいない場所でもデレデレだけど、他の異性に対しては露骨に態度が違い敵対的、あるいはやたらに警戒する」タイプ。
全てツンデレで括られてしまいます。
でもこれらテンプレ同士でも混ぜると危険。
それぞれが「何を嫌がってツンデレと化しているのか」の方向性が完全に違っているからです。
2種はともかく、3種混ぜると99%破綻します。
(3種混ぜても破綻してない数少ない例外が雨宮さんですね)
今回の紗綾がまさにそれで、ツンデレという言葉を聞きかじったので拾い集めたキーワードをもとにツンデレを装っているわけでもない限りあり得ないんですが……
わざとくさくやっているのは分かるんですが、篠原先生が分かった上で破綻させているのか、勘違いした上で見当外れの揶揄をしてるのかさっぱり分からん。

○サイレン
さて、隠していたつもりの行為をアビスが喋ってしまったのでパニックになってしまっている3種混合、混ぜたら危険物になったツンデレ雨宮さんです。
しかし少年漫画のラブコメは邪魔が入って進まないのがお約束。
例外はありますが、これは例外にはならなかったようです。
結局アビスの件ともどもうやむやになりました。
次のドリフトは潜入作戦……やるなら適当な星将を締め上げて吐かせるだけでいいような気もしますが、カプリコは出てきそうな気がしません。シャイナは逃げ達者でジュナスが喋るとは思えない(トランスが通じれば望みはありますが)。そしてグラナは間違いなく強い。
目標として最適なドルキが死んでしまったのが惜しまれます(酷)

○リリエンタール
日野兄は超人でした。いやてつこも超人だけど。
もう日野家に普通の人間がいない!
しかし神藤は素直に引き渡すどころか渡すつもりはなし、と日野に語っていますが本当にそうかも確証ないですよね。
組織とは別に悪用するかどうかはもっと確証ないし。
組織絡みでは騙し合いとか多いなあ……だからこそ紳士組みたいなチームが平気で在籍し続けられるっていう側面もあるんでしょうけど。
そんな中で日野家とリリエンタールの力の産物は心強いというか、確かに24時間隙なくは難しいでしょうけど、ここまで自分達で動けると自信持ってリリエンタールを行かせないって言えるのも不自然じゃないですね。

FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/751-539d6deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。