乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 第78話「アクロ、混ぜ込む。」感想

なんとなく過去にありそうなサブタイトルですが……なかったね。



『遠近法排除』をドレッドの腕が止めた時の絵が妙に迫力があります。
まさに巨人の手が出てきた感じで。
その後のドレッドはいいとこなしですけどね。

さてクラウンだ。
ジローさんは亡くなった人を弔うだけじゃなくて、事件の解明やってたんですね。
同じはずの技巧でも別人が使えば差が出る。元々戦いのためのものではなかったので個人の癖は強く出て当然でしょうね。
そういえばアクロは以前もクラウンがコピーした技巧を使った際に、何か違和感のようなものを感じていましたね。
とりわけヴルーの時間鑑賞には敏感なわけですが……それが効かない理由になるのかな。
アクロに効かないというよりもアクロが「これは時間鑑賞じゃない」と認識することでアクロに対しては無効化される、という感じなのでしょうか。

クラウンの最大の武器はアクロに効かない。
物理的に何かをぶつけて防いだりできず、避けるには範囲から脱出しなければならない。
発動するのに時間がかかるわけでもなく、クラウンが捉えるつもりで撃てば避けるのはまず無理。
……改めてみると反則ですねこれ。
これが効かないのは大きいけど、攻め手が足りない。
しかし、スバルにデコ、ネネが来たことでやれることは大きくなった。
技巧同士を粘土化して混ぜ込むと来たか。
サブタイトルが「アクロ、混ぜ込む。」と書かれてていまさら何を……と思ったけどこれならサブタイトル扱いしてもOKです。
何だか軽くインフレしてる印象がありますが、そもそも青天の都に来てから全員がパワーアップしてるんですよね。
アクロはヴルーの技巧によって再び刺激を受け。
スバルは跳ね返して強くなり。
デコはエレバスとの戦いで。
ネネははじめて技巧に目覚めました。
自前で一段強くなって、ネネの技巧でさらに一段強くなったと考えるとそれほどインフレしてはないですね。
これを解体するのは『粘土細工師』を使っただけでは駄目で、『エア・モンスター』に『言霊の詩』さらに『貴方のための歌』まで精通する必要があるみたいです。
一度に一つしか使えないクラウンではどうしようもないという話になります。

それでもまだ追い詰められたとはいえないクラウンですが……
ここで切り札を切ってきます。
ジローの作った技巧増幅道具。これを使って全世界をライフムービーで抹殺開始。
これはまた唐突にやってきましたね。
最終的にそうするつもりはあったんでしょうけど、このタイミングで使うのはいろいろ鬱陶しくなったからっぽいですよね。
仲間が来てるし協力して自分に有効打与えてくるし自分の目の前で殺してやりたいアクロには時間鑑賞効かないし……でムカッときてやった。
相手は誰でもというか世界全部がよかった。反省はしていない。


FC2 Blog Ranking

テーマ:クラブサンデー - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/743-b0c0237a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。