乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー12号(2010) 漫画感想

今週の感想は、
・マギ
・史上最強の弟子ケンイチ
・國崎出雲の事情
・神のみぞ知るセカイ
・絶対可憐チルドレン

以上の5本です。


○マギ
アリババは幻でしたが、それとは別に本物がいました。
アリババの目つきからして以前とは別物になってますね。
別れから何年もたっているわけじゃないのに、いったい何があった。
そしてアモンをだすジンの金属器はいつの間にか使えるようになってますが、赤幻霧刀、黄侵霧刀、黒縛霧刀は眷属器なのかな?
その割には、金属器をもち眷属器も提供したであろうアリババの立場が今一つ強くないきもしますが……それは次回以降明らかになるのかな。

○ケンイチ
新白連合もトールも最近動きが鈍いと思ったら、単に兼一が知らなかっただけでしたか。
しかし宇喜田はまた一人だけワルキューレに後れを取ってて、何かエポックメイキングなことをやらんとレベルに追いつけないような気がします。
まあそれはそれとして、人質をとるような闇が相手だとすると、どこまで武術家としてまっとうにやってくれるかも気になります。
この漫画の傾向からして戦う機会さえ与えない、ということはないでしょうけど……
というか新白が具体的にどう動けばフレイヤ解放できるのかも分からんけど、そこは新島のターンということでいいのかな。

○國崎出雲の事情
出雲……恐ろしい子!
いくらなんでもそんな勘違いするかって話ですが、
役どころのせいもあって出雲の悪女度が高い高い。
加賀斗もノリノリでやってるあたり紗英は本当にあちこちで敵を作ってるのかもしれない。
まあそれは自覚もあるみたいですが……今後どうなるんだろう。
別に役者として駄目なわけでもないし、今回も失態を演じたわけでもないから立ち役としてちょいちょい出てくるのかな。

○神のみ
ありゃ、美生の中に女神がいたわけじゃないのか。
個人的には『特定の女性一人の中に女神がいるわけじゃない』と思ってるので先週はちょっとショック受けてましたけど。
今週は記憶が森田に書き変わってるのにショックを受けました。
絵面がシュール過ぎてもう……
駆け魂は肉体に依存する……まあ子供目当てなんだから女の体の方にいて当然といえば当然なんですけどね。
桂馬が言ったことを直接的に言っちゃうと、駆け魂がいると情緒不安定気味になり、かつ男になびきやすくなるってことですね。
情緒不安定なので現状を放ってゲームに没頭、しかし男を求めるので乙女ゲーになるということでしょうか。

○絶チル
火属性って、ファンタジーじゃないんだから。
初音が普段からケモノじみてるみたいに、合成能力者は自分の精神や肉体自体が常時影響を受けてしまうようなものもあるんですかね。
フェザーの意図はやっぱり良くわからん。
結局ナイを死なせたくはないってこと?
どこで存在が紫穂にバレたのかよく分かりませんが、それ以上に皆本を拘束してもフェザーはすぐに皆本から離れれば意味ないような気もします。
どこまで自由に振舞えるかにもよりますけどね。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/740-2fe1d080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。