乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ11号(2010) 漫画感想

今回の感想は、
・BLEACH
・ONE PIECE
・PSYREN-サイレン-
・HUNTER×HUNTER
・めだかボックス
・黒子のバスケ
・ねこわっぱ!(最終回)


以上の7作品です。


○ブリーチ
はいはい完全催眠完全催眠。
……というのはいいけど、先週ラストの藍染の心の声はなんだったんでしょうね。
「一体いつから――鏡花水月は読者の五感を支配できないと錯覚していた?」
という話なんでしょうけど。
それだと極端な話、「黒崎一護なんて初めから存在しなかった」なんてレベルの話すら可能になってしまうわけですね。

○ワンピース
先週の時点で覚悟はしてましたが、やっぱりこうなったか。
倒れ掛かってるときのエースは、本当に致命傷っていうのが目に見えて分かる怪我具合で、ここで助かる望みは持たない方がいいみたいです。
サブタイトルでもはっきり書いてるし。
というか尾田先生、負傷の具合も今までは加減して描いてたんですね。

○サイレン
「限界なんてもんは越える為にあるんだ」などとポッと出の敵が主人公みたいなことを言って……主人公の強力かつ多様に変化する能力に敗れる。
主人公が人間を殺す展開になりましたが、遊坂の言った「“守る”だの“救う”だの叫んで何もしない奴よりマシ」的な台詞は岩城先生の(創作上の)本音なんじゃないかというのは私の邪推かなあ……

○ハンター
ミサイルマンは問答無用だと後手に回るしかなく、いったん交渉が成立しても相手が死ぬ気なら相打ちに持ち込まれる危険性が高い。
……非常に弱点の多い念能力です。
戦闘は他人に任せるか、纏や練で基本的な戦闘力を高めるか、あるいは発をもう一つ持つかする必要がありますね。
ここでジャイロの話が出てくるか……まあ、ジャイロ本人はどっか行っちゃったので出てくることはなさそうですが。
ウェルフィンの卵男は本音を話し続けると解けるみたいですが、さて王とネテロの戦いに駆け引きの余地はあるんですかね。
百式の零とやらは日の目を見ずに終わるのか。それとも既に使った後か。あるいはここから出てくる余地があるか?

○めだかボックス
なるほど。阿久根は球磨川の臣だったわけですね。
そして善吉を虫呼ばわりするのも分からないでもない出会いだったりしますね。
そして阿久根は上から性善説の大外れ例。
かつて生徒会長の命令で(別に逆らえなかったわけでもなんでもないが)破壊活動を繰り返し、めだかを何度も攻撃した阿久根が今は生徒会長:黒神めだかの下で生徒会書記やってるんだから運命は皮肉です。
しかし回想シーン走馬灯のなかでのめだかが一番包帯まみれになっている絵が微妙に名瀬夭歌の包帯と似てるのは偶然なのか必然なのか暁月先生の限界なのか
そして名瀬と古賀の二人は何する気なんでしょうね。サンプルというからには本気で殺そうという意思はないでしょうけど「戦闘パート」ということは物理的に色々なことする気満々ですよね。

○黒子のバスケ
火神の真意を直接確認。
「キセキの世代」がいるチームはどこも名門ですからね。
一人相手に力を合わせてやっと、ではいかんともしがたい。
青峰相手では五人ででも届かないレベルでしたが、青峰が来る以前の桐皇相手でさえようやく五分に近い状況だったわけで、それよりは確実に強くなっておかないと勝ち目なんてありませんね。
しかし降旗は1年トリオの中で妙に名前が出てきますね。ひょっとすると今後彼だけ出番があったりするかもしれません。

○ねこわっぱ
こう言っては何ですが。
読切の時点で「ジャンプの読切の中ではいい方だけど、これで連載を競わせたら勝ち抜けないだろう」とは思ってました。
そして実際そうなってしまいました。
どこで失速したかというよりも、漫画そのものに力が足りなかったかな。
それをひっくり返す起爆剤(テコ入れ)として他の神社を出してきたのかもしれませんが、それが打開策足り得なかったのは結果を見る通り。
では、この漫画本来の武器ってなんだったんでしょう……タマ?
タマのキャラに魅力がないとは言いませんが、2話3話と続けていってなお魅力を増していけるような造形ではなかったです。
なので連載としては元々やりづらいタイプの作品ではあったと思いますね。
ともかく松本先生お疲れさまでした。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/737-2c07190c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ11号

・トリコ  バケモノ相手にはヤクザ達の命がけの健闘も時間稼ぎにしかならないようだが、トミーロッドがもう少しで完全な勝利に変えてくれそうだった。苗床にした蟲どもが暴れれば覆される程度の勝利だが。  トリコはどうやら腕の暖気運転をしているらしく、トミーロッ...

  • 2010/02/17(水) 00:14:17 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。