乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 22巻

ハヤテのごとく! 22 (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 22 (少年サンデーコミックス)
(2010/01/16)
畑 健二郎

商品詳細を見る


「国民的執事コミック」と言われると違和感を感じずにはいられないこの漫画。
じゃあ何漫画と言われるとそれまた困る。ノンジャンルとか言っちゃだめですか?

○表紙(カバー)
1月発売なのでお正月。
ヒナのひざまくらでテレ緊張の面持ちの美希が一番前にいるといっても過言ではありません。
通常版帯の「誰もが誰かをスキになる」というキャッチコピーと合わせるとさらに意味深。

○裏表紙(カバー)
薫先生と雪路。
草津という名のイタリア、もしくはイタリアという名の草津にいる二人です。
しかしイタリアで、ホテルの部屋が洋室だと考えると「となりに座ってもいいか?」が激烈に不自然な行為に思えてしまうような!

○表紙(カバー下)
制服(+普段着)、メイド服に続く春風千桜の第3の人格、白衣!
……いや、普段とあまり変わらんと言われればそれまですし所詮一発ネタですけど。

○裏表紙(カバー下)
え、この路線でハーレムに見える流れなの?
というかハーレムって誰と誰と誰を含むんだ(3人以上含まんとハーレムとは認めん)?
ヒナとハムとアテネというのが現状だと妥当かな……ヒナギクにこういう感情を持とうとすると西沢さんのことを無視するわけにいかなくなりますからね。
そうなるとアテネと夜のうちに再会できずに次に会うのはアテネ・ミダス融合完了後という手遅れな事態に発展するんでしょうか。


○カバー折り返し4コマ
どの辺が「ツンデレコンビ」なんだろう?
咲夜も伊澄も文もシャルナもツンデレとは言い難い性格としてると思いますが。
どんな娘でもわずかなツンデレ要素を拡大解釈することによってツンデレとみなすツンデレフィルターを通してみても他3人はともかく文は無理。
タイトル自体に何か元ネタがるんでしょうかね。

○次巻予告、次々巻予告
計算しないで適当に言うと、2010/01/24時点で発売されている最新のサンデーに載ってる話の数話前までが23巻、アテネ編終了もしくは+αくらいまでは24巻か。
4月に同時発売予定。なんだか自信なさそうな感じですけどね……
私自身、3月4月はバタバタすることになるので記事書けるかすごく不安です。

○特典&限定版
アテネの露出(肌のことも含めて)が加速。
アニメイトでは10年前以上、現在未満という微妙な年のアテネが振袖です。
中巻ということで勝手に年齢は12歳と仮定しておきますね。
ゲーマーズでは肌色多めの黒猫ルック。
「バカ!!」と言ってるが一体どういうシチュエーションならアテネがそう言いながらこんなの着ることになるんでしょうか。
とらのあなではナギ。
少しトラっぽい(耳としっぽ)に加えて振袖ですが着崩れてかなり大変なことになってます。
何故に涙目になっているのかは追及しない方がよさそう。
畑先生は涙目描くことが多いですからね……
店舗特典では今回ヒナギクはお休みですが、その分限定版の生写真ですよヒナギクは。
非常に、疲れた時の畑先生の病気が出た感じの絵ですね。
隠し撮りでもないとこんな姿撮らせないような気もしますが微妙にポーズなのは二次元のお約束。
ヒナはスキが多いので撮れてしまうのです……犯人は美希にしておくと丸く収まるかな?


FC2 Blog Ranking

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/723-d528d202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。