乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ5・6号(2010) 漫画感想

今年最初のジャンプ感想は
・BLEACH
・ONE PIECE
・黒子のバスケ
・HUNTER×HUNTER(連載再開)
・べるぜバブ
・PSYREN-サイレン-
・(読切)フタガミ☆ダブル
・バクマン。
・めだかボックス

以上の9作品です。

○ブリーチ
うん……まあこんなもんだよね平子の斬魄刀は。
まあ藍染に一撃入れられただけでもよしとするか。
能力の説明しないとか、眼前以外の場所で発動するとかすればもっと善戦できただろうことは気にしちゃいけないのかな……いけないんだろうなあ。

○ワンピース
ルフィが覇王色の覇気を発動。
……ちょっと「覇王」というにはみっともない叫び&状況だと思いますが。
この場で一番覇王という言葉が似合うのはどうみても白ひげだし。
それで王の資質とか言われても……

○黒子のバスケ
まさか残り2戦を1週で終わらせてしまいますか。
それどころかインターハイ予選自体を終わらせてしまいますか。
ちょっとコレは予想できませんでした。
黒子の調子が鳴声戦ではおかしかったみたいですが……逆に言えば、黒子自体にもまだ改善する場所はあるってことですね。
少なくとも翌日までメンタルを立て直してくる精神的なタフさは養う余地があるかもしれないです。
来週巻頭カラーですが、どんな展開になることやら。

○ハンター
連載再開して……やはり主人公おいてけぼり。
ネテロの全霊はいいですが、やはり王には大して効いていないようです。
まああれでまともにダメージが入るようでは配色濃い難敵じゃないですからね。

○べるぜバブ
本命:写真の女性はアランドロンの娘ではない
対抗:写真の女性はアランドロンの娘。外見と性格が乖離している。
大穴:アランドロンの娘は外法の魔具にされてしまいました。

○サイレン
遊坂がWISEか!
一体どうやって天戯弥勒と遊坂が接触したんでしょうね。
グリゴリにいた時は不可能だから、脱走時点で射場の記憶を読み取ったのかな?
現時点で協力者がジュナス以外にいたこと自体も不可解。
仲間を欲しがってるくらいだから、監視役に実情まで話して引き込んでしまうこともありえなくはないですけどね。
天戯弥勒がどうやって遊坂を引き込んだのか、その手段が謎だなあ。
人間性としては元々今回に近いような人だったんですかね。
そしてマツリ先生に既視感のある模様が。
イアンでは治せなかったはずですが、ヴァンなら何とかできるかもしれません。
ここで治療&遊坂を始末できれば、本来の歴史より随分有利になるはずですが……

○フタガミ☆ダブル
SQのインタビューも読みましたが、矢吹先生はお忙しいですね。
この読みきりは現実に酷似した世界でのバトルものなのですが……ちょっとありきたりすぎやしませんかコレ。
設定はこのくらいでいいと思います。複雑すぎず、説明も特におかしなところはない。
中盤以降の展開がなあ……そっちに詳しい女の子がピンチ、そして主人公覚醒。この流れならそこに至るまでの流れにパワーが欲しいのですが……ないな。
黄金パターンをなぞってるだけにすら見えます。
ネックになっているのは主人公のキャラの弱さかな。
例えば今回双神に起こったことが、別の人間……例えば教室で絡んでたクラスメイトだったりしたら雨音は助からなかったかもしれない。
そう思わせるだけのキャラクター性というか、コイツなら覚醒して当然と思わせるような要素・展開がほしいところです。
この漫画に限ったことではなく、最近読みきりや新連載になっては消えていくバトル漫画全般に似たような傾向があります。
大抵の場合はそれ以外の場所にも欠点が目立つのでそこに注目しませんが、今回の矢吹先生の漫画はそこ以外に目立って熱中するのを妨げる要素がなかったので、あえて書いてしまいました。
蛇足ですが、特にカラーの雨音が妙にかわいいです。

○バクマン
連載会議直前ですが、会議に入る前に状況が混沌としております。
漫画家の側では一番動いてるのが福田・蒼樹。
編集部では結局ネーム6本……亜城木、蒼樹、静河、新井他2本。
岩瀬の方はまだネームの形にはなっていないはずですが。
港浦、山久二人の表情を見る限り、評判はよろしくないようです。
現時点で読者に名前が挙がってない作品が高評価なのかな?

○めだかボックス
『枯れた樹海』かあ……この庭園と何か関係あるんですかね?
それともハードラッピング高千穂と同じで、何かの比喩に過ぎないのかな。
比喩としても相当分かりにくいというかこじつけに近い比喩になりそうですが。
そして双子門番の解説はイチイチずれてるな。
テク(=技術)に長けている、というのとは違うでしょう。
もちろん繰り返すうちに技術は向上していったんでしょうが、少なくとも最初の殺人の時点で技術があるとは思えないのですよ。
しかも、テクに長けていることは物言いのおかしさの理由にはならないし!
わざとズレた解説やらせているのならそろそろ誰か言及してください。
そして乱神モードがどんどん安っぽくなっていく……そのまま放置しておくと回復にも好影響って、本当に何なんですかそれ。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/712-74beabf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

触手+パンチラもあった!「To LOVEる 」矢吹先生の新作読み切り「フタガミ☆ダブル」

 矢吹先生の新作読み切り「フタガミ☆ダブル」が今週号(2010年5+6合併号)に掲載…!  考えてみますれば、矢吹先生にとりましては随分...

  • 2010/01/05(火) 11:20:31 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

週刊少年ジャンプ5・6号

・トリコ  君は感じるか、扉絵の断面図から漂うエロスを……我ながら新年早々、頭湧いてるなぁ。  自分の脳とメタンハイドレードへの酸素供給がどうなっているのかが分からなかった。下手に繋がっているとスープを取りに来た人が酸欠や一酸化炭素中毒で死ぬ。  トリ...

  • 2010/01/09(土) 23:59:54 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。