FC2ブログ

乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

金色のガッシュクライマックス特集その7 ゴーム

今度は二ヶ月間が空いた……
そしてこの二ヶ月の間に漫画は最終局面に突入した感じです。
キャンチョメ(強化後)
ブラゴ(強化後)
ティオ(強化後)
ガッシュ、クリアと、魔物個別のものでない記事がいくつか。
一月一記事のペースではクライマックスどころか連載終わっちゃう……

第1回のアース編はこちら
第2回のブラゴ編はこちら
第3回のティオ編はこちら
第4回のキャンチョメ編はこちら
第5回のアシュロン編はこちら
第6回のパピプリオ編はこちら

第1回から第4回までは靖斗HungryBlogに飛びます。




1:ゴームの基本能力
ゴームは基本的に、非常に頑丈です。
アースがゴウ・ソルドを使った状態で何度も切りつけても全く刃が通りません。
見た目に甲虫のような要素があるので、非常に強度のある外骨格があるものと予想されます。
頑丈さほどではないですが、パワーやスピードも高い部類でしょう。
タイミングが遅れたとはいえ、初見のジェルド・マ・ソルドを避け、自分自身に向けたものではないとはいえ、ブラゴがゴームを巻き込んでこれまた初見のバベルガ・グラビドンの効果範囲から発動前に逃れたという実績から、危険に関する嗅覚も鋭敏であると思われます。もしくは魔力察知の応用かも知れません。モモンが確か「相手が使おうとする術の力」まで分かるような力を持っていましたが、それに近い能力があるのかもしれません。
反面、アースのボルセンに騙されたりと、思考力は低いのかもしれません。
また、半径5キロメートル程度の魔力を察知する能力があります。普段は甲虫よろしくしまわれていますが羽もあり、空を飛ぶことも可能です。
そして、ゴーム最大の特色として、ワープゾーンの製作があります。
任意の場所に移動できるワープゾーンを作り、自分や他人を移動させられます。
何千キロも平気で移動するので、距離の限度はなし、事前の仕込みも要らないようです。
姿は直立した大型の甲虫、人間の言語を話さない上に表情も読み取りにくい、生半可な攻撃は受けつけず、一度出くわせば隠れても魔力を察知されてすぐ見つかる、ワープするので振り切るのも不可能に近いという、極めて怖い魔物ですね。

2:術の性能
ブラックホール系というか、空間歪曲系なんでしょうか?
エリーはカビのようなものと表現してますし、ディオボロス、ギガノ・ディオボロスはあまり空間歪曲している感じに見えないんだよなあ。
ジンガルム・ディオボロスに至っては何か爆発してるし。
でもバークレイドはあからさまに捻じ曲げてるし、ブラゴの術がゴームに似てるらしいし……

○ディオボロス
両腕から黒い粒子状の物体を放射する術。
広範囲に散らばっていくようで、攻撃範囲の狭い術で迎撃した場合、威力で勝っていても消しきれないこともある様子。
生物に当たると負傷しているが、具体的にどんな現象が起こっているかは謎。

○ギガノ・ディオボロス
ディオボロス同様に、黒い粒子状の物体を放出。
ディオボロスよりも勢いが強い。

○バークレイド・ディオボロス
任意の空間をねじ曲げる術。
その空間内にあるものもねじれ、柔軟性がなければ破壊されてしまう(魔物の術で作られたものであっても!)
生物に対してかけるととんでもないことになりそうだが、そういう使用法をされたことは一度もない(できない理由があるのかもしれない)

○ボージルド・ディオボロス
盾を発生させる術。弓道の的のような模様が特徴。
性質的には普通の盾らしい。

○ジンガムル・ディオボロス
ミールは「ウィー・ムー・ウォー・ジンガムル・ディオボロス」と言っているが、これだとこの作品で使われる術の名前のパターンからみて多少違和感がある。
強い呪文ほど「・」を多く挟む傾向があるのだが、「・」4つ入る術としては弱すぎるというのが理由(そもそも、この術を除くと、「・」は最大で3つまでのものしかない)だが、ありえないほどではない。よって正式名称は保留。
黒く巨大な球体を作り出して炸裂させ、大規模な破壊を行う術。
ゴームの攻撃術の中ではこれが最強のようだ。

○ディオボロス・ザ・ランダミート
無数の黒い三角形(厚みはあまり無いように見える)を作り出し、触れた物体を粉砕する術。三角形に吸い込んでから粉砕しているようだ。バークレイド・ディオボロス同様に空間をねじ曲げる力があるのかもしれない。
なお、三角形は個別にある程度操ることができる上、人間に当てれば死ぬ程度の攻撃力はあるらしい。実際に本に当たって炎上させている。


どちらかと言えば、防御用、迎撃用の術が充実している感じでしょうか。
術の原理がはっきりしないのでなんとも言えませんけどね。

3:パートナー
金髪アフロ女ことミール。
頭の回転は早く、観察力も鋭い。ゴームの弱点を見事に補っています。
心の力もそれなりにあり、大技(バークレイド、ジンガルム、ランダミートあたり)を数度使っている程度では消耗した素振りも見せません。
冷酷かつ他人を小馬鹿にしたような振る舞いが悪役然としていましたが、どうもクリアに遭遇してから絶望しているようなシーンがあり、実際どこまでが彼女の素なのかは判然としません。実際ある程度は冷酷で、戦いの際に人間を殺すことも躊躇しなかったように見える一方で、真剣に戦っていないようにも見えます。

4:総評
強い、弱いで言えば掛け値なしに強いです。
戦いに勝ち残ることに真剣になっていれば、術の真価も計り知れたかもしれませんし、ミールとの意思疎通の不安も解消できていたかもしれません。
クリアと遭遇していなければ、どんな風に戦局に絡んでいたことやら。
まあ、全ては済んだことですが。


FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/71-77baf5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)