乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 第71話「アクロ、変化する。」感想

『アーティストアクロ』っていうカテゴリ、作った方がいいかもしれません。


前回SD絵のモカさん本編に出てきました。
後天的タイプのアーティストに影響を与えたアーティストの技巧を直接作用させると後天的タイプのアーティストの技巧が変化する、という説が今回のアクロの変化を示唆するものとして出されましたね。。
空気の素材化、というのはヴルーの技巧とはあまり関係なさそうな感じなので、作用させるのはきっかけで、後天的アーティスト自身が変化してるみたいです。
肉眼で見えないものでも素材化できるようになった、というところでしょうか。
以前から火などを素材化してるので、素材を固体に限っていたってことはないはず。
気体だからダメだったってことはないと思います。
手触りがないから空気はダメ(火は触ると熱いからアリ)、なら粘土細工として納得できますが。
実際はどういう基準なんでしょうね。

クラウンの技巧に関しては、まあ概ね予想の範囲内のものかと。
技巧名が「贋作者」でコピーするとはっきり言ってますから、元々のアーティストの技巧が失われるわけではないというのはあまり強力とはいえない感じですか。
元次第では青天の都を滅ぼすことくらいできてしまうので決して弱いとかボス失格とまでは言いませんけどね。
今回アクロが終始押してたこともあって、あまり強いイメージは出てこないですね。
本当にヴルーが命を賭けるほどの相手にも、相対するのを躊躇するような相手とも思えません。まあヴルーはヴルーでクラウンを殺したりするような真似ができなかったんでしょうけども。
とりあえずアクロの「粘土細工師」をコピーしたみたいなので、単に複写する以上の恐ろしさがあるのなら次回に明らかになるでしょう。

とりあえず技巧のコピーにはあまり難しい条件はないみたいです。
ヴルーが自ら手を貸さなければコピーできないようなものでもないので、ヴルーはおそらく、「無惨な質問」も起きるまでクラウンの真意を知らなかったのでしょう。

とりあえず、アクロだけが生き残った理由に関してはまだ不明。
ヴルーがアクロを異様に気に入らなくて、ヴルーにアクロを殺させようとしていたところを考えると、コピー元としてのヴルーが何か関係あるのかも。



アーティストアクロ 5 (少年サンデーコミックス)
FC2 Blog Ranking

テーマ:クラブサンデー - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/703-8dc4f689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。