乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー52号(2009) 漫画感想

今週の感想は、
・結界師
・史上最強の弟子ケンイチ
・マギ
・絶対可憐チルドレン
・はじめてのあく
・金剛番長
以上の6本です。

○結界師
帰るのも突然なら、動くのも突然。真相も突然。
お殿様を封印せざるを得なかった理由が気になるところ。
存在するだけで危険なのか、それとも力そのものには問題ないが悪い奴なのか。
いろんな人物をおいてぼりで烏森はクライマックスに行こうとしてますが、ここで気になるのが縞瀬ですね。
彼にも何か思惑があったはずなのですが、ここ最近出てないからなあ。

○ケンイチ
間に合ったよ紀伊陽炎。速い。
というか、時間軸が多少ズレていたと思った方がいいかな。
闇の連中には“久遠の落日”なる計画か何かがあるようですが、紀伊陽炎みたいな人にはそんなこと関係ないのであった……闇には他にもいそうだなそういう人。
そして結局、襲撃者は予測してたところ全部に出たらしいです。
この辺になってくると達人同士のレベルが重要になってきますね。
昔はそんなこと考えるまでもなく達人=スゲー、って話だったのですが……兼一も今回、達人が複数出張ってくる場所に来るのを許されたので、徐々に達人が兼一にとって身近なものになってきているということでしょうか。

○マギ
マギにも色々いるようですね。
ジンは基本的に一人の主に仕えるもののようですが、マギはそういうわけではないみたいですね。
マギ一人で何人も迷宮攻略者を生み出しても問題ないらしい。
煌帝国のマギも、現段階で既に練白瑛以外にも迷宮攻略者を生み出していそうです。
その上白瑛の弟、練白龍にも迷宮攻略の話を持ちかけております。
現皇帝は迷宮攻略者を単なる異能力者とでも思っているようですね。
迷宮攻略者が王候補だってことは、側近の人たちも知らなさそうです。

○絶チル
「あたしはその子たち、信じてるもん。」
バストアップはキラキラしてますが、腕は冷や汗ダラダラ(笑)
皆がパンドラに警戒してるとこえおで動くのはやはりファントム!
超能力で問題を起こして退学させるという、彼女にしては穏健な方法をとります。
今回は失敗……ファントムの態度からすると決定的なチャンスが起きない限り次の作戦は無期延期ですかね。
むしろファントム・ドーターとしての本来の仕事をする時に支障が出てきそうです。
チルドレンは気にしてないけどパンドラ側が何か察知する可能性も出てきます。

○はじめてのあく
また変なところでフラグが立っております。
正義見習いですがゲンより周り見えてて空気読めてて黒い。
ゲンが現場系で、シズカは後方支援あるいは指揮担当っぽいですね。
一緒の学校に通えばジローの起こすトラブルも目撃する機会はありそうなので、その時どうするかが見所でしょうかね。
しかしゲンにやられた人たちがこりてなくてジローにやられたら反省というあたりが一番の正義の面目丸つぶれポイント。

○金剛番長
先週の時点ではむしろコミカルだと思っただけに、今回の外道ぶりで一気に底まで叩き落された気分です。
今回ばかりは本当に卑怯番長に持てる卑怯の限りを尽くしてもらいたいですね。
ベビーフェイスの縛りは今回に限ってはなくてもいいでしょう。
……戦う動機をなくした卑怯番長の活躍自体が見納めかもしれませんが。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/690-6bc8c60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー52号

・史上最強の弟子ケンイチ  ククリちゃんの乳首券発行にフォ―――ッ!!!浮き乳首は日常茶飯事でみっちゃんもやっていたけれど、ここまであからさまに――微妙に何かや影に見せそうでやっぱり乳首になっているところが特にあからさま――描くことになったのは凄いことだ?...

  • 2009/12/01(火) 12:51:49 |
  • 360度の方針転換

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。