乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 第67話「スバル、進化する。」感想

次回更新は11月24日。週刊ペースでの更新が続きます。
そしてそろそろ単行本の5巻が出ます。
今度はあっさり手に入れられるといいなあ……


さて、クラウンですが。
ヴルーの作った剣を使ったり、デコのエア・モンスターを跳ね返したりと、他人の技巧を使ってばかりですね。
そういう技巧なのかもしれない。
アート協会でもレオンジの作った本部の建物を操ったわけですしね。
あるいはクラウンはアーティストではない何か、なのかもしれませんが。
その彼の言葉は空っぽで言霊がない。
単純に言葉に本気がこもってないからだと思うのですが、変な読み方をするとクラウン自体に魂がないから言霊がでない、という考え方もできなくはない。
人形であるニコやピクルスからは言霊が出ないので、クラウンがそういったものである……と考えるには材料が足りなさ過ぎるのですが。
翻って、スバルが自分の言霊を視ることができなかったのは何故でしょう。
「あまり大声で喋らない」「そもそも人とあまり接してなかった」とか、言葉に魂を込めない傾向があったことは明らかですが……
「自分の技巧は言霊を破壊にしか使えない」という認識に負い目があったのかもしれません。その辺はモカさんが何か言ってたような気がするのですがサンデーが残ってない。
今度発売される5巻に収録されてますかね?
ヴルーがアクロを殺したことで、何かしらスバルの中で固まったものがあるのかもしれませんね。
加えて先週のあれで、また一つ何かを吹っ切ったのかもしれない。
かくしてスバルの技巧でシールドが作れるようになりました……将来的にはさらに応用が利くようになるのかもしれません。
そして、やっぱり裏があったヴルー……というか、ヴルーに関しては表すら明らかになりきっていませんけどね。
アクロを呼び戻すとか言ってます。
代謝を加速するのではなく巻き戻すとか、あるいは本来別の生命で機能している代謝を移し替えてしまうとか、案外できてしまうのかもしれませんが。
ただ、スバルのリアクションからすると、ヴルーは死ぬ気なのかも知れませんね。
だとすると、代償は決して小さいものではないんでしょう。
しかし、賭けてみたくなったと言われてもそもそもクラウンと現在敵対している根本的な理由もよく分からないからなあ。
そこはスバルでなくても説明しろと言いたい。

FC2 Blog Ranking

テーマ:クラブサンデー - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/682-02705663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。