乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 第66話「スバル、はね返す。」感想

次回更新は11月17日。
今のところ1週間ごとに更新ですね。
……もしかして普通に毎週更新だったりするんでしょうか。

泣き崩れるネネ。
怒り殴るスバル。
この辺はヴルーをどう思っているかの違いですね。
そのヴルーの技巧の名前は『時間鑑賞(ライフ・ムービー)』
生命体の成長・代謝のスピードを引き上げる技巧で、ほんの一瞬で十年分に相当する代謝を起こすことができる。
それを青天の都の人間に使うことで、老化させ老衰させ腐食させ白骨化させた。
……それはいいんですが、ヴルーが急成長させている植物の数々が普通の植物にはないような挙動を起こしているのは何でなんでしょうね。
パグやその兄弟しかり、先週の植物しかり。
自分の意思をもって動いているように見えます。
ヴルーの目印になるような植物なので、どこにでも同じ(もしくは似たような)挙動をする植物が生えてるわけじゃないでしょう。
今回の十年に一度しか咲かない花だって、デフォルトではしごみたいな形してるわけじゃないでしょう。
部分部分ごとに代謝の加速スピードに差をつけることで、本来ありえないような成長をしてしまうとか?
あるいはジローが作った種だからヴルーの周辺にしかないんであって、種が手に入れば誰が育てても多かれ少なかれああいう風に育つとか?
そのヴルーの当面の目的は、クラウンの疑いを晴らすこと。最終目的はやはり不明。
クラウンの素性も分からない。
今回のブラックボックスはアクロを殺すこと(ヴルーに殺させること?)自体が目的らしいですが。
アート協会でスバルが感じた重圧のようなものは、やはりクラウンから放たれていた……これがクラウンの技巧?
本人が目の前にいるせいか、前回よりも強い重圧もスバルは跳ね返しました。
まるで主人公みたいですね。
アクロは前回見る限りではヴルーと対決なんてよほどのことがない限りできないでしょうから(←復活すると信じて疑ってない奴)ヴルーの糾弾はスバルに頑張ってもらいましょう。

FC2 Blog Ranking

テーマ:クラブサンデー - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/677-76559849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。