乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとまりHONEY VOL.2

VOL.1が発売されてはや1年。
ついにVol.2が出た!

おとまりHONEY 2 (チャンピオンREDコミックス)おとまりHONEY 2 (チャンピオンREDコミックス)
(2009/08/20)
みづき たけひと

商品詳細を見る




松田は妄想とかをナチュラルにしてしまっては煩悩にブレーキをかけていくのに対して、雪野は自分で膨らませて自分で振り回される。
「今思えばありえないことを考えちゃうんですよね」に全てが集約されます。
これで互いに相手に好かれていることに気づかないのは、松田は『自分が委員長に好かれている』発想自体を煩悩として切り捨ててしまうのと、一種の逃避というか防衛機制ですかね。
ちょっとしたことで『気があるんじゃ?』と思ってしまう思春期男子のパターンとして、その発想を本気にするのを馬鹿らしいと思うあまり、必死にこの思いつきを否定してしまうというのは結構よくある話。
このタイプって漫画とかではあまり見ないですよね……行動を起こす方に勘違いしてくれないと話を転がせないからか。
そういう意味では、みづきたけひと先生の漫画って一種独特。
みづきたけひと先生が漫画界でメジャーになれるほどこの独特さが好きな人は多くはないでしょうけど、ちゃんと連載が続いて単行本もつつがなく出るくらいには支持者はいるみたいです。
そして雪野は自分のやってることに自覚がないわ松田は空気読めないわで進展させようとする力がうまく働かないという……ぶっちゃけ本当に付き合っちゃっても読者も作者も困らないような気がします。
いくら掲載誌が掲載誌だといっても……同居する三人がいる限り雰囲気はほとんど変わらないんですよね。
ちなみに今三年生の後半なんですが、時間は進めて卒業させちゃうんでしょうか?
それともぐるぐる回る?
先客三人の中では高山がちょっと影薄くなってるかも。あと浅川が体育祭の会で妙に人気あるっぽいんだけど……保健係効果?
それとも一日中ブルマ効果?
ブルマの魅力というのはふとももをいかに魅力的に描けるかで9割決まるっぽいと言う事を私はこの漫画で知りました。
うん。まだ二次元じゃ滅びちゃダメだブルマ。三次元ではどうでもいいが(オイ)


FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/639-ab10b168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。