乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー34号(2009) 漫画感想

アクロ応援期間中~といっても今のところ何か企画立ててるわけでもないですけどね~

今週のサンデーの感想は
・マギ
・最強!都立あおい坂高校野球部
・ジオと黄金と禁じられた魔法
・アラタカンガタリ~革神語~
・いつわりびと◆空◆
・絶対可憐チルドレン
・金剛番長
・アーティストアクロ
以上の8本をお送りします。

○マギ
アラジン、ダウン。
消耗が激しいとはいえ、道の真ん中で寝ちゃうとは結構迂闊というか、何も考えてないみたいですね、今までアラジンみてれば予想つくけど。
アラジンのそういうところをフォローするのがアリババの役目。
とっさに隠れられそうなところを見つけて休息をとります……まあ迷宮では壁とかから何か出てくる可能性もなくはないので完璧など望むべくもないですが、まあまあいい判断だと思います。
笛も、ウーゴくんを怒らせたり何か他に悪いことがあるかもしれないので、できればアラジンが元気な時に試してみるべきかもしれなかったですが、アラジンが承諾しなさそうですからね……
とにもかくにも、領主に発見されてしまったわけですが、アラジンはともかくアリババの今後の運命が非常に心配です。

○あおい坂
吉本の回想に出てきた中丸が甲子園のマウンドに。
彼、腐らずに野球続けてて、ちゃんとベンチ入りしてたんですね。
今まで神木の顔を立ててきた吉本は思いっきりばつが悪そうですが、ちゃんと投手捕手の意思疎通はできるんでしょうか?

○ジオと黄金と禁じられた魔法
ストーリーとしてはジャンプ読みきりテンプレのような第2話。
絵柄は全然違いますが。
好きな系統の絵ですが人の怒った顔にもっと気迫が欲しいかな?
しかし魔法を使えるとはいえ、同じ人間な上に認可とれば普通に魔法使いとして認定されるのに「魔道族」なんて別種族みたいに呼ばなくても……
ああそうか。暴走族とかと同じ扱いの族か。
ジオは魔法のレパートリーがほとんどない……ゴウレンいわくイレガウラが死んだのは「近年」らしいので、おそらくあれから少なくとも1年2年は経過しているようですが、独学では魔法を習得するのは難しいのかもしれませんね。
自分で会得できた花を咲かす魔法は前回見せた正統進化、今回見せたアレンジの効いたタイプと、進化しまくっているので覚えてしまえば伸ばすのは独学でもやりやすいのかもしれません。

○アラタカンガタリ
織部実名(イミナ)……非常に異世界関係者っぽい名前ですが、多分本人にその自覚はないような感じです。
今回は妙に革とアラタの展開がシンクロしていますが……とりあえず革はこっちに来た時に「自分が「アラタ」ではない」というようなことを散々言ってたはずなのですが、コトハはそれを思い出さずに革を一方的に責めるようなことはしないであげてほしいものではあります。
そういえば織部の方も日野原がどこいったのか追及しようとしませんでしたね……アラタの受け答えを見て訊いても無駄(会うのは無理)と判断したのか、実は変な事態だから気にしてるだけで革自体はどうでもいいのか、実は渡瀬先生の話の転がし方のクセだったりするんでしょうかね。
まあ今回一番のツボは若い男女のやりとりを面白がるカンナギ様だけどな!

○いつわりびと空
とりあえず、蓄光剤は作るのにどれくらい手間かけてるのか、材料には何使ってるのか聞きたいところですね。
作中世界の中で聞いても嘘でしか答えてくれなさそうですが。
まあ、根性と空を手助けさせる気にさせた気性と縁の対価だと思えば……
金にしたって、何かの対価足りうるから重宝されるんであって。

○絶チル
新受付嬢「ザ・リドル・ウィメン」がやっと出てきましたね……
例の双子と比べるとインパクトは全然ないですが、毒舌ぶりは前任者からしっかりと引き継いでる模様。
……エスパーというかバベルへの風当たりが強い一因は受付の態度の悪さも影響してたりしないでしょうかね。
薫は今回はキレることもなく無事解決。
朧さんの思い切りの良さと機敏さ、局長の超人ぶりと、なんだかノーマルが見せ場を持っていった感じですね。
特に局長は超能力を使えないという意味ではノーマルだけど、「普通人」と括っていい存在なのかは甚だ疑問です。
あと私物のボートは弁償してもいいと思う……

○金剛番長
巨大像のモデルは金剛の祖父、金剛魁。
その息子が晄、猛の父で金剛焔。
そして獄牢正宗は焔の元同輩!
しかし金剛類が最強兵士育成機関にいたとなると、その全貌が気になりますね。
例えば人類を後天的に金剛類化させる実験とかやってそう。
獄牢さんも金剛と互角ってことは何かしら人間外の要素を持っている、あるいは加えられたような気がしないでもないです。

○アクロ
スバル坊ちゃんは同い年には厳しい……
というか、年齢の上か下かだけが貴様らの全てか!?
精神、肉体ともに個人差があるんだから必ずしも年上の(年下の)女に対して持っているイメージと合致するもののあるなしが生きた時間の多少だけで決まるわけではないはずなんだけど……
ネネいわく、ブルーは危険な男。
案外早くにアクロに知れる事になっちゃいましたね。
スバルはある程度覚悟していたでしょうから取り乱したりはしないでしょうが、アクロとは思いっきりこじれるかも。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/07/25(土) 05:36:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/603-6efb1a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。