乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 3巻

アクロの3巻が出ました……が、アフィの画像はありません。
1巻と2巻にはあるので、単にサンデーコミックスが発売直後に画像でないだけですかね。
2巻の感想書いた時より状況はよくなってますね。

アーティストアクロ 3 (少年サンデーコミックス)アーティストアクロ 3 (少年サンデーコミックス)
(2009/06/18)
桜井 亜都

商品詳細を見る


ところでこの表紙、1巻の表紙を決める投票で採用されなかった方ですね。
背景の不穏さとか、本格的に技巧を磨き始めたデコとか、3巻本編の展開や雰囲気には合っていると思います。

実はこの3巻、話の進みは遅かったりしますね。
アート協会に侵入するまでに半分、あとはオリオの話とモカ登場編。


しかしこの先の話を読んでレオンジのことや技巧のことについて理解を深めた上で読み返してみると、新発見も多かったりします。

協会本部の仕掛けがレオンジの技巧によるもの……『神の宿る石』って応用範囲メチャクチャ広くないですか?
石が空気を読む牢屋も結局はレオンジの作ってことですからね。不思議な力を持つ作品として世に出ているものと作ったアーティストが両方作中に登場したのって実はレオンジが最初だったりしますよね。
アクロが混ぜ込みを覚えてできることの幅が広がったように、レオンジの技巧も新しい概念を取り入れていって進化したんでしょうね。
『なんとも首の痛くなる海』作った弟子は水芸みたいなことをやる人か。
『引力を知らないリンゴ』はどういう技巧で作れるんだろう。最初バスケットに入ってたときは引力知ってましたし、最終的にアクロもスバルも落ちていった(落ちていかないと4コマみたいに考えるのをやめることになる)ので、オン/オフが可能なんではないかと思われますが……
一方でアクロは基本的にずっと粘土化しているわけでもなく、粘土化が解除されるとそれ以上変化しないということで、長持ちする作品作りは今のままでは難しそうです。スバルも同様。基本的に第三者が利用しにくいですね。デコのエア・モンスターは結構可能性がありそうですが。描いた絵はいつまで実体化してるんだろう。

○巻末いろいろ
モグラの素顔は……私的な予想では①をもうちょっと普通の人間に20%程度近づけたような顔だと勝手に思っておりました。
女の子はちょっと考えなかった。リアルモグラは全然考えなかった。
ところでモグラもオリオもちゃんと脱出できたんでしょうかね。
4コマは2巻に引き続き4ページ8本。
『引力を知らないリンゴ』ネタ二つとクマタローさんネタ二つが爆笑しました。
クマノルド・ネッガーさんも無事だといいなあ。
あと連載中は気づかなかったんですが、レオンジの料理ネタって隠し味は必ずチョコレートなんですね……そして試した読者いたのか!
ポテトサラダにチョコレート。クリームシチューにチョコレート!
……試すまでもなくダメとは言い切れないものを感じます。だから挑戦した読者もいるんだろうなあ。

○超余談
ドーナ先生が教育してた生徒の中でアクロが目ェつけてたラブリーちゃんってどの子でしょうね?
個人的には111ページで「指1本動けないよーにすればいいんだよ」って言ってたウエーブかかった髪の子が(このページでは小さいけど後のコマで生徒たちが描かれてるところでは大抵出てます)かわいいと思うんですが。

FC2 Blog Ranking

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/582-8f20f0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。