乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってきたよ、ドルイドさん!

ここだけの話ですが実は私、MF文庫Jから出てるライトノベルって一つも買ったことなかったんですよ。
そんな私がはじめて買ったのがこれ。

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)
(2008/10)
志瑞 祐

商品詳細を見る


購入動機は表紙の女の子がかわいくて表紙買い!
……最近の私はライトノベルで表紙買いばかりしているような気がします。
多分気のせいです……多分。

転校生ドタバタもの。
普通に生きてた主人公の周囲に常識が通用しないヒトが出現して主人公の周囲がドタバタしていく、よくあるといえばよくある話。
やってきた異邦人が美少女なのもよくある話。
ライトノベルの中でもかなり軽い部類でしょう。「さくさく読める日常系コメディ(裏表紙より)」は伊達ではないですね。
しかしよくもまあ、このドルイドさん、ホリン・シャレイリアをストレートにかわいいかわいいと地の文で書けるもんです。いや事実かわいいんだけど。
語り部というか主人公も女の子だから?
主人公と異邦人のヒロインは接近するというラブコメの文法に半分くらいのっとっているから夏穂とシャレイリアの間に百合っぽい空間が発生してるようなしてないような。でもこのくらいの関係の方がはっきり百合してるより和む。
天然クールで日本の常識に疎いシャレイリアとツッコミ、ボケ(夏穂がボケに回ってる場合、ツッコミは読者が担当)、パロディネタの引っ張りと万能選手な夏穂が遭遇する珍事件……っていうか森野学園自体が結構普通とは言いがたいぞ。ドルイドがドルイドっぽく動物連れてきても最終的に(というか五分くらいで)受け入れたクラスメートたちとか、それに対してドルイドと仲良くできそうな動物たち(チキン四天王)の方がシャレイリアと衝突してるとか!
ドルイドが一人や二人来たところで根本的なところではどうにかなるようなヤワな学園じゃないってことなのかもしれません。


FC2 Blog Ranking

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/566-f616ca9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。