乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おと×まほ」第6話「『ボク』の願いを。(前編)」感想

なんだか凄く久々な気がするおと×まほWebコミック。ついに6話ですよ。
表紙の彼方のふとももが軽く凶器なんですけどどうしましょう。


おと×まほ 1 (Flex Comix)おと×まほ 1 (Flex Comix)
(2009/03/11)
白瀬 修(原作)すえみつぢっか

商品詳細を見る



原作1巻の「6.見えない空」前半部分に相当。
……って!
「5.彼方争奪戦」つまりコスプレ鬼ごっこスルー!?

それはそれとして、改めてみると、留真の「生きることが――全てですから」とか重いよなあ。彼方のこと気にしまくりじゃないですか。後々出てくる依お姉さんとの関係を含めて考えるといろいろ面白いかもね。
ところでこれは前回も思いましたが、コミック版は丈×彼方なシーンが全般的に増えているような気がします。いや、丈自体の登場自体は遅れているので、一概に丈がプッシュされているというわけではないんですが。
コミックでは、彼方に語りかけてくる声が自問自答というよりももっと明示的に外から来る感じになってますね。
もしかすると原作5巻に発生する現象と同じものと設定されて、あるいは逆に明確に違うものとして設定されて描写のニュアンスが変わったのかも。5巻に関しては後日読み返しておきます。
ノイズ大量発生に関しても、3巻の件と無関係なはずはないんだけど、その辺はどう描かれるんでしょうね。めちゃ弱いから全体で一匹分みたいな特性のあるノイズなんでしょうかね。
モエルにも結局タネはこの時点では分かってないわけですが。そういえば、モエルの正体を考えるとかなたんとの日々を終わらせる覚悟があればいくら数が多くとも何とかなりますよね。でもこんな虫のために彼方と引き裂かれるとか耐えられるもんじゃない。だからといってあのままで虫を倒しきれるわけはなし……モエルにとってもさりげなく試練だったりしますねこの展開。モエル頑張れ。
虫が苦手らしいすえみずじっか先生も、次も虫でまくる話を頑張ってください……


FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/554-6aa29516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。