乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー19号(2009) 漫画感想

今週は神のみが休載。

・結界師
・史上最強の弟子ケンイチ
・絶対可憐チルドレン
・魔王
・金剛番長
・アーティストアクロ
・トラウマイスタ
今週の感想は以上の7本です。

○結界師
あまり緊張感がないまま烏森襲撃が始まっちゃいましたよ。
氷浦はどうせ追い出したところで来るのは分かりきってるので、実は目の届かないところに行かれた方が気になっちゃう可能性もありますね。
どっちにしろ気の問題なので気にしないのが一番……それが出来れば苦労はないし無想も完成しますよね。
相手の先陣は二人組の女の、ヒステリーの方。性格に見合わずファンシー(というには悪趣味だけど)な見た目ですね。本人的にはもっと力強い感じのを好みそうですが……というかこの見た目が原因で攻撃的な性格になっちゃったのかも。

○ケンイチ
さすが無敵超人!
出立する描写のあった達人などぶっちぎって現場に来るとか朝飯前だぜ!
奴にフラグという概念は通用しない!
達人とは落ちていくもの……もちろん落ちていくスピードが速いほど急速に強くなっていくし、崖に頭とか打って死亡することも考えると死なない程度に落ちていくスピードを加減したり、転がり落ち方を工夫したりしなきゃならないんでしょう。
転がり方はともかくスピードを本人が制御できるとは限らないけどな!

○絶チル
美少女は立ち尽くして固まるのも芸になるのです。天然だろうと計算だろうと。
そうそう何度も使える芸じゃないですが。
テレポーターは合成能力だと色々変なことになってるのにオードソックスなテレポートだと強力すぎるかやることがないの二極化になっちゃうのかも。
ちなみに、何故エスパーが手加減や我慢をしなきゃならないか。
ノーマルを敵に回したら今までの生活捨てなくちゃならないからですね。
エスパーだけではインフラを維持できない。維持しようとすればそれこそノーマルの社会同様、我慢しなきゃいけないわけですからね。
逆に言えば、ノーマルとエスパーが本格的に戦争するには反ノーマルのエスパーだけでインフラの維持が出来るほど反ノーマルのエスパーが増えるか、超能力で社会基盤を整理するシステムや、ヒュプノあたりでインフラ整備に必要な程度の数のノーマルをずっと洗脳し続ける方法が必要になってきます。例の未来ではそれに成功したんでしょうか。
結局「やればできる。自分は全力を出していないだけ」とうそぶく子供でしかない……ロクな大人になりそうな気がしないです。現時点でロクでもない子供ですが。
人形人形言ってたティムやバレットに一泡ふかされたファントムドーターは、キレて何かやらかしそうな雰囲気ですが……無差別ヒュプノとか?

○魔王
グラスホッパーもぬるくなったもんだ。
このバンダナヒゲ眼鏡が参入した時は人格崩壊するようなリンチを経て団員になったというのに、ビル警備員は頭に銃突きつけられて犬飼を危険に晒すウソ報告か。
まあ一章中盤以降は雰囲気や勢いに流されて犬飼支持に傾いた人も大部分いますし、その辺から参入した人なのかな。
犬飼の目の前に立つ潤也は何をする気でしょう。フロイライン側の陣容も手段も分からない以上、標的と自分を近づけて取れる選択肢を10個以下に減らし、犬飼存命のための選択肢を導き出すつもりですかね。

○金剛番長
剛力番長の荷物の正体は「3.食料」でした。
獄牢さんは新武器の空輸を担当してましたとさ。
しかしトゲついちゃうと以前の鉄球と比べてやりにくい動きとか出てきそうな気がするのですが大丈夫なんでしょうか……いや大丈夫なんでしょうけど。
というかなんだこの奇妙なフラグの立ち方は。あの演出で秋山優って聞いて卑怯番長と結びつかなかったぞ。登場人物紹介って大事だね。

○アクロ
バクの技巧は演劇か。しかし作品と技巧がイマイチ結びつかないですよね。
まあ形に残る作品を作れないからこそココで仕切りをやってるんでしょうけど。
実際のところ、特異な能力をもつ作品を作る場面って、この漫画ではまだ描かれてないですよね。ニコやピクルスにしろヴルーの噛み草パグにしろ。
技巧発動とはかなり異なることやってるのかもしれない。
それとはあまり関係なさそうな「青天の都」関連。「生き残り」というからには生き残れない人間が発生するようなことが起こったわけですが。アクロがアート協会の腐敗を知らなかったということはアート協会が素材集めと称して人間狩りをしてたとか、芸術と称して人体強化実験をしてたわけではないでしょう。

○トラウマイスタ
ダヴィンチは契約社員だから「派遣」切りではないんじゃあ……どうでもいいか。
究極のアートマンって、元が元だけにスジャータそっくりなんじゃないかって気がする。これを復活フラグととるか更なるトラウマ展開の幕開けと取るか……それは今後の展開次第だけど、ピカソが今後動く動機や活力に欠けているのがこの漫画の不安要素です。ダヴィンチへの復讐なんて考えても本筋からは逸れていくばっかりだし……



FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/533-83a4e09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。