乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハイド&クローサー」「GOLDEN★AGE」WEB配信分感想(2009/3/25配信分)

クラブサンデーでは「呪法解禁!!ハイド&クローサー」「GOLDEN★AGE」に加え「タッコク!!!」と「幻影少年」の1話も掲載されていますが、現状追っていくのはハイクロとゴールデンエイジのみとします。



○ゴールデンエイジ
出雲光の苗字は今でも法的には白河なのか。
でもって名前適当に決めすぎ!
主人公チーム相手の「外れたことのない予言」は外れるのがお約束ですが。
でも失点に関して言及してないのは何ででしょうね。自分はやらないから?
5点取ったけどそれ以上とられて負ける展開だったらビックリですね。ビックリ以上の意味はないですが。
というか、出雲がずっとドリブルしてたら10点くらいは入らない?
今回みたいに白河・近江の二人がかりだと止められちゃうかも、みたいな理由だったりした上での5点宣言なんでしょうかね。

○ハイド&クローサー
第2部になって出番がほとんどないパクワ・スノアリッチさんが扉で呪具紹介。
……第1部と目の描き方、変わった?
本編は、見開き使っての神藤センパイの蝋解説に全部持っていかれました。
人間サイズの蝋をセッケンにするのにあの量は少ないような気がしますけどね。執拗な抱擁(モザンハグ)で操れる髪の毛があれっぽっちだけではないはずなので、さらに追い討ち用を集めて投入したとか……想像するとシュールですがネタ絵的には面白くなったかもしれません。
今週の「こっくりさん」って、なんかコーナーっぽいものができちゃってますね。
記念すべき話末コーナー第一回は「の」。


FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/522-3ac03ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。