乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ16号(2009) 漫画感想

今週の感想は

・バクマン。
・ONE PIECE
・ぼっけさん
・黒子のバスケ
・PSYREN-サイレン-
・To LOVEる-とらぶる-

以上の6本です。


○バクマン
2週間に1本ペースは想像以上にきついようで、シュージンはまだいいとしてサイコーがグロッキーになってますね。
今後どっかで倒れて連載に黄信号、赤信号がともったりしないんだろうか。
新妻はもう単行本3巻……まだ5話描いてたアシの話からそんなに経ってない気がするのにもう凄い時間経っちゃってますね。
金未来杯は福田は順当としてまさかの中井さん(フルネーム、中井巧朗)にストキンの準キング(蒼樹紅:少女漫画経験者)という、微妙に縁があったんだかなかったんだかなコンビに、最後はミュージシャン。前半二つがジャンプの主流に近く、後半二つが異色というコンセプトですかね。でも作風とかと関係ないところで荒れた金未来杯になりそうです。、荒れの発生源は間界野昂次ことKOOGYの存在とスタンス。
どうでもいいけど、間界とか聞くと太臓もて王サーガとか思い出しますね。
それと素朴な疑問。今回の福田の漫画のタイトル「KIYOSHI騎士(ナイト)」ってすごくダサいと思うのですがどうなんでしょう。むしろ今の読者層にはカッコいいのあの題?
「やる気なヤンキー」とかもそうだけど、彼のネーミングセンスにはちょっと小一時間問い詰めたいものがある。「KIYOSHI騎士」って題の漫画がさ、ジャンプの目次の上の方というか前半常連に並びそうなイメージがわかないんですよね。

○ワンピース
マゼランが微妙にルフィに同情的なんですけど……自分でも毒を克服できてないから、自分の力に対する恐怖っていうのがあって、その恐怖の対象でもある毒をこれでもかと浴びせればそりゃ同情的にもなるかなあ。
ところでLEVEL5の極寒地獄に放り込まれちゃうと凍っちゃって毒の回りが遅くなったりするんじゃないでしょうか。解毒の術はない、も多分厳密に検証した結果ではなさそうなので、解毒法はまだいくつかあると思われますが、そのための猶予はある程度与えられたかも。

○ぼっけさん
ミミが紅牛か……これはまとめに入った?
いやでも打ち切りモードならセンターカラーとかないよな。
しかしアレだよ黒兎さん。スパイってたった一人で敵陣で過ごすっていう孤独な役割なんだから、しかもアベルの場合、北区の菩怪とフレンドリーに接するという役割なんだから敵に情がうつるくらい大目に見ようぜ。諜報活動に手抜きをしたわけでもないんだし、黒兎さん自身だってさっき眠狐神を勧誘したぐらいなんだから、北区在住でも菩怪同士をあまり深刻な敵と捕らえてないみたいなんだからいいじゃん。
さては学校で腕凍らされたのを根に持ってるな。

○黒子のバスケ
Aブロックを勝ち抜くための試合数は7回。
セネガルはアフリカの西端。公用語はフランス語。
バスケではアフリカ屈指の強豪国だそうですよ。
新協学園の留学生の名前はパパ・ンバイ・シキ。またの名をお父さん。
ねこ大好き。
↑縦読みしても何も出てきませんからね。
黒子の負けず嫌いはある意味当然。でなきゃ勝利至上主義の帝光で引退までバスケやってませんよ。そして黒子も火神もお父さんをまるで恐れていませんね。
アメリカ帰りや中学とはいえ全国制覇クラスだと、デカい外国人ってだけでは物怖じするに値しないんでしょうね。

○サイレン
暴王の流星対策はバッチリですね。
その上で核をもう一つ埋め込んでパワー増強。
本気でリベンジする気ならこれくらいはやりますかね。
暴王の流星が完全に見切られた上に接近戦に持ち込まれて……接近戦だと原型の暴王の月の方が有効活用できそうな気がします。ちょうどカブト以外味方もいないことだし。
ワイズの持つ核「イルミナ」は禁人種のものとは違うんですかね?
違うのならこれを禁人種のコアの代わりに埋め込むと延命とか出来るかもしれません。失敗の可能性も低くはなさそうですが。そして根本的な解決にはなってないのですが。

○とらぶる
久しぶりのルン&レン&銀河通販。
「ワルクナール・S」なんてものを試供品として渡す銀河通販は何考えてるんだと言いたくなりますが、多分ルン(レン)の購入履歴から興味持ちそうなものを推測してるんだろうなあ。
結論:ロクでもないものばっか買ってるルン(もしくはレン)が悪い。
ドSというか単なるわがままないじめっ子にしかなってないようが気がする……けど疑惑は後半解けました。Sっぷりは愛の形として発現する! なのでリトと二人っきりになってはじめてSプレイが発動するんですよ。二人っきりになってからの春菜が本当に楽しそうなので。メガネ強奪とかは単なる悪い人だし、ドリルあたりも単に空気が読めない人にしか見えない。いくら宇宙の科学力とはいえスプレーかけただけで人格はそうそう上手く変わらないってことでしょうね。
恋人とSMプレイをすることが主眼に置かれておりそのための調整を最優先してあって、あとはどうでもいいというのがこの薬のコンセプトだと思われます。
しかし校長は何話連続で出てきてますか。そして小学生にボコボコにされたりナノマシン攻撃を受けたり馬を志願したり……「エロクナール・M」とか服用してるんでしょうか……まあ多分地でしょうね。

FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/511-f1461121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ16号

・トリコ  単純に体が大きいのは毒に対して有利だと思っていたがココ相手じゃ程度問題か……でも、自己増殖する意味でウイルスの方が効きそう。ココならそういう生物と無機物の中間的な毒も持っているのかもしれない。  しかし、ロボット相手のバトルは一見無謀にみえ...

  • 2009/03/17(火) 23:33:16 |
  • 360度の方針転換

トラブル140 清楚な女子高生、春菜が「足をお舐め♪」…フェチなエロに目覚めた矢吹先生…

 先週号がエロ度は控えめだったせいでしょうか?今週号の「To LOVEる」は冒頭から春菜の下着と、ヤル気マンマンであります。春菜の下着、ピン...

  • 2009/03/18(水) 06:14:13 |
  • To LOVEる -とらぶる- 考察

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。