乱文乱舞ランブル

漫画の感想がメインのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー13号(2009) 漫画感想

今週の感想は
・結界師
・アラタカンガタリ~革神語~
・魔王
・絶対可憐チルドレン
・金剛番長
・アーティストアクロ
・トラウマイスタ
・お坊サンバ!!
以上の8本です。

先週Webで公開された2作品は、月曜日までには感想書きます。


○結界師
扇七郎、烏森の地に降り立……たない。
始終空中に浮いていましたよこの人。
それで結局やることは烏森と良守見に来ただけか。
こんなのが弟で正統後継でこの力ではそりゃ兄貴グレるよ。
翌日謝りに来たのは多分本意なんでしょうね。彼自身、学校に好んで通ってる身ですから壊されて不愉快になるのが分からないわけでもないんでしょうし。
良守じゃなくて時音を選んで待ってたのは多分こっちの方が話通じそうだから。それが分かるくらいには他人のことも見れるんでしょう。

○アラタ
ヘンテコ生物「ムル」現る。アザラシに近い……のかなあ。
新しく登場したオヒカはカンナギの「属鞘」らしい。やっぱり属鞘も鞘のうちということでハヤガミ使えるんでしょうか。だとしたら結構ハヤガミって数多くいますね。十二+αくらいだと思ってたが思いっきり読み違えてた感じ。
しかしカンナギの部下だというと、素性がばれると思いっきりまずいですが、病人がいる以上断るのも不自然。野宿だと本当に悪化する危険もありますしね。
というかアラタの手配とかされてないんでしょうかね。もしくは「アラタ」を直接見てない(似顔絵とかでしか見てない)場合だと革とアラタを同一人物と認識できないとか?

○魔王
1/10=1!
なるほど、選択肢の数が可能不可能の線を引いてるわけですか。
それなら当てる/当てられないレースの判別は簡単にできますね。
この能力で戦おうとする場合、自身の取れる選択肢が極限まで少なくなるように自身を追い詰める必要があります。
実のところ、「令嬢」の連中に手錠かけられたり椅子に縛りつけられたりしてましたが、潤也にはかえって有利に働いてたのかもしれません。
手が自由に動く、好き勝手に移動できる……これだけで試みることができる行動は非常に増えますし。
もっとも。口が動けば選択肢は無限なのかもしれません……あるいは、台詞の方向性が同じなら同じ選択肢としてカウントされるのかもしれませんけど。どっちにしろこの能力で「巨乳大好き」を当てるのは無理だ。本当にアレどうやったんですか。

○絶チル
賢木センセイwith棒再び。こうやってみてると強そうに見えますが葉の振動砲(仮称)は葵のテレポートに頼って避けているわけで、やっぱりサイコメトラーオンリーでの戦闘は厳しめかも。
人工呼吸を誰がやるかで揉めるのも定番シチュではありますが……こういうところで特務エスパーとテロリストの差が出るもんなんですね……
腐女子が大量のネタを手に入れて満足してる一方で百合キャラはお邪魔虫に憤りを感じるのでありました……モテる子は辛い。

○金剛番長
憲兵番長……憲兵っていう他人の下にいること前提の称号をつけた番長ってどうなんですかね?
暗黒生徒会の全貌がつかめなさ過ぎるのでなんとも言えませんが。番長が複数在籍している生徒会というのももはや本来の意味とはかけ離れたものになってますし(23区計画の時点で相当にアレですが)
金糸雀はペン先でもイメージしてるのかそれとも全く別の理由なのか、かなり奇怪な形状の剣ですね。コレ一本で何種類も傷をつけることはできそうなんですが強度としてはどうなんだろう?
ウルフファングの噛ませぶりが酷いですが、全員一瞬とはいえ背後からなのは憲兵番長があまり強く感じられなくてマイナスかも。ウルフファング6人の名誉がほんの少し守られたかもしれませんが。

○アクロ
デコ、左利きになる。
まあ右でアレで、全開今回と左でうまくいってるのは動機の問題でしょう。そのうち右手でも自由自在に出せるようになるさ。
囚われている隣人はレオンジで確定。鉄格子はアートの産物、そして血管を握られてるとあっては現状での脱出は不可能なわけですが……アクロの怪力はどういうことなんでしょうね?
アーティストの存在も知らずに山奥にいた彼は案外、アーティストや技巧というものとは対極の生まれや育ちを持つ人間なのかもしれません。

○トラウマイスタ
センゴクキモい。
トラウマを持つ人ってどうしてもこう、人から気持ち悪いとかウザい思われがちな側面を持っているのかもしれません。

○お坊サンバ
たけ子さん準レギュラー疑惑とTHUT●YA。
宇宙行ったりしてますが今回のキモは明らかに上の二つです。
ところで大数珠はTHUT●YAでレンタルされてないんですか? 今回のオチは猛それでもいいとおもいますけど二週もTHUT●YAネタを引っ張るわけにも行きませんかそうですか。


FC2 Blog Ranking

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasutohb.blog102.fc2.com/tb.php/498-5bf367e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。